関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

すまいデザインコースLSD:Living Space Design Course

建築・環境学科

人々のくらしの場を、快適に、豊かにする方法を学びます。

誰にとっても最も親しい日常の生活環境である住空間がテーマです。普段の生活の体験を見直して、快適さや使いやすさの本当の意味を考え、生活や環境の変化にも応じることができる、理想的な「すまい」のあり方を追究します。

講義

すまいデザイン論
すまいデザイン論

この授業では様々な住宅の設計事例を参照しつつ、住宅に固有な要素と構成、機能と形式、設計手法やプロセスについて理解します。住まい手の生活様式や個性、地域社会のなかでの生活空間や環境問題はもちろん、キッチンやバリアフリー、高齢者対応、環境共生などのテーマについて、住宅の理想的なあり方を探究します。

住居史
住居史

古今東西、地球上には文化、風土、経済など多くの要因を踏まえつつ、地域に密着した個性的な住居がつくられてきました。この授業では先史から近代に至る様々な住居を紹介しながら、空間構成や意匠の変容過程、さらにはそこで行われる生活文化にも目を向けつつ、文化人類学的、地域的、風土的な視点も含めて、居住空間の歴史を総合的に学んで行きます。

家族論
家族論

この授業では、住空間をはじめ、広く人間のすまいのあり方をデザインする上で、前提として認識しておくことが必須である「家族」に関わるさまざまな事象について、基本的な事柄を学びます。特に個人と家族と社会の関係や、世代や性の差異、地域の伝統の継承と断絶、少子化と高齢化、情報環境の高度化など、家族の形態に影響を与えるさまざまな要因について、できるだけ具体的な事例やトピックを参照しつつ、理解を深めて行きます。

デザインスタジオ

すまいデザインスタジオ1
住宅インテリアデザインスタジオ

この授業では、住宅の内部空間(インテリア)のデザインについて、設計課題の作成を通じて、構造(スケルトン)や設備(給排水、バス、トイレ、キッチン、空調など)という機能的サポートをする部分と生活空間との関係、住居内での生活をより快適にするための空間構成やインテリアデザイン、家具の種類とその配置などについて学びます。

すまいデザインスタジオ2
住宅設計スタジオ

この授業は設計課題の作成を通じて、住宅設計の基本的な事項と住宅に固有な専門的な事項についての知識と技術を習得します。特に、敷地の周辺環境の理解、住まい手である個人や家族の存在様態、環境負荷の軽減手法、さらに、住宅が備えるべきプライバシーやセキュリティーの維持と地域社会における公共的な側面とのバランスなどを重視します。

総合デザインスタジオ

この授業は、これまで習得した住環境に関するさまざまな知識や技術を統合した成果を、設計作品やリサーチレポートとして表現します。課題の遂行は、グループでの恊働作業と、単独で行う部分とを組み合わせて進められます。また、同時期に平行して開かれる卒業研究のための「ゼミナール」でのテーマとの関連を重視します。