関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

建築デザインコース

建築デザインコース AD:Architectural Design Course

建築・環境学科

建築家としてのテーマを見つける4年間

社会からの要求に対し、デザインという作業を通して、具体的なかたちを答えとして導き出すのが「建築家」の仕事です。実践型カリキュラムに挑戦し、幅広く柔軟な発想や、自分なりの問題意識、理想の空間をつくるための技術・方法論を身につけてください。

講義

建築計画・デザイン基礎
建築デザイン基礎

この授業はデザイン分野の唯一の必修科目であり、建築計画及び建築デザインの入門として、人々の豊かな生活の場としての建築空間を創るための基礎的なデザイン理論を学習することを目的とします。まず、形の一般論として形態の知覚法や人体寸法と比例の理論、さらに建築形態の持つ可能性について学びます。次いで、建築空間と人間との関係を、人間の身体(寸法)、イメージ、心理、行動等から客観的・総合的に捉え、建築における計画やデザインの在り方や意義について多角的に考察します。

建築デザイン論
建築デザイン論

建築の設計を学ぶためには、優れた建築デザイン事例を知り、そのデザイン手法を分析的に理解することが不可欠です。この授業では建築の形態が持つデザイン上の意味を考察し、学習します。様々な建築デザイン事例や都市空間から、それらが創り出す空間概念の特質を明らかにし、そのデザイン手法と実現された空間の意味を学びます。

建築計画II および演習
建築計画II および演習

この授業は建築をつくる際に必要とされる基本的な計画内容を理解し、空間構成の手法を総合的に学ぶことを目的とします。特に、居住空間および住宅地(独立住宅の団地+集合住宅の団地)の計画を主なテーマとします。さらに授業内容への理解を深めるため、授業時間内で各種の演習課題を行い、構築環境をリアルに捉え、分析評価するスキルを身につけます。

近代建築史
近代建築史

この授業では、現代に直接つながる「近代」の建築の歴史を通して、科学、技術、文化、諸芸術や社会との関係を理解します。特に建築と社会の関係に注目し、それぞれの地域や時代のなかで建築がどのような状況に直面し、それにたいしてどのような選択をし、何を実現してきたかといった観点を重視します。

デザインスタジオ

ハウジングデザインスタジオ
ハウジングデザインスタジオ

この授業では集合住宅の設計演習を中心として、集住計画の基本を学びます。周辺地域の社会的、地理的環境の把握を通して敷地の特徴を理解し、住まい方のテーマと全体の建築プログラムを組み立てると共に、それを最適な配置計画および住戸プランへと反映させる設計手法を習得します。授業の最後には課題の成果発表を行い、学習内容の確認と評価を行います。

地域施設デザインスタジオ
地域施設デザインスタジオ

この授業では、建築が持つひとつの属性としての公共性を手掛かりに、人と人との交流や地域づくり(コミュニティー、景観等)に対して建築ができる貢献を、学校建築や地域施設の設計課題を通して具体的に考えていきます。敷地を含む周辺の地域(社会空間)を複数の手法・観点から調査・分析して設計コンセプトを提示し、建築へと立ちあげる一貫した作業を行います。

建築・都市デザインスタジオ
建築・都市デザインスタジオ

この授業では、建築や都市の分析手法・デザイン手法や理念を発展させながら、現代的・社会的視点を持って地域の今後のあり方を提案するプログラムづくりから始まり、実際の建築やランドスケープや都市を計画・設計することを行います。地域の様々な特性やコンテクストを読み取りながら、建築や都市が持つ可能性を検討し、空間の提案をします。

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募