関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

教育・研究

建築・環境学科の5つのコースは相互に関連し合っており、建築・環境学を学ぶためのベースになっています。
建築デザインコース AD:Architectural Design Course
人間生活の場としての建築の可能性を探る
建築デザインコース

工学、人文、社会、芸術などの総合的な産物であり、人間生活の場でもある建築。このコースでは建築に対する幅広い基礎的な素養を身につけながら、構造、材料、環境・設備等の技術を総合的に考え、住宅や学校建築、集合住宅、地域施設など、様々な建物の計画と設計手法を、スタジオを中心とした演習課題を通じて学んでいきます。

key word:設計、建築物全般、コミュニティ、公共建築

コースが目指す人材像:
建築に対する幅広い基礎的な素養を身につけ、構造、材料、環境・設備等の分野も総合的に考え、建築の計画・設計を実践できる感性と能力を有する人材

建築・都市再生デザインコース AURD:Architectural and Urban Regeneration Design Course
建築・都市再生デザインコース
建築・都市再生デザインコース

スクラップ&ビルドの消費型社会から、今ある建物を有効活用していく社会へ。最新技術を用いて古くなった建物を美しくよみがえらせる、住民との対話を通して新しいまちづくりを提案するなど、周辺環境と共存するための理論や方法を実践的に学びます。

key word:保存、リノベーション、まちづくり、ランドスケープ

コースが目指す人材像:
都市計画・地域デザインやまちづくり分野、都市や建物の再生計画やリフォーム・コンバージョンなどを専門とする分野に携わる人材

すまいデザインコース LSD:Living Space Design Course
住まいを通じて、現代が直面する課題を解決
すまいデザインコース

住宅の設計、インテリアのデザイン、メンテナンスやリフォームなど、住まいや居住環境に関することを広く深く学び、少子高齢化、家族構成や地域社会の急速な変化、情報化社会、資源・エネルギー問題など、現代社会の様々な問題の創造的な解決をめざします。

key word:住宅、インテリア、家具、家族、キッチン

コースが目指す人材像:
住まいに関する知識をもとに、戸建住宅や集合住宅などの様々な用途の住宅の計画と設計やインテリアと家具のデザイン、さらには居住後のメンテナンスとリフォームに関する分野まで幅広く携わる人材

環境共生デザインコース SD:Sustainable Design Course
環境に優しく、快適な建物や暮らしを実現
環境共生デザインコース

環境にやさしいビルや住宅は、どのように考えて設計したらよいか。省エネルギーやリサイクルなどを実現できる設備技術や、自然エネルギー(風・太陽光・水など)を上手に取り入れながら、建物をデザインする方法を実践的に学んでいきます。

key word:自然エネルギー、CO2削減、省資源、リサイクル

コースが目指す人材像:
建物の環境・設備に関わる設計・施工、開発、維持管理といったエンジニアリング技術を専門とする分野、さらにそれらの技術と建築設計とを総合的に捉えてデザインする分野に携わる人材

建築エンジニアリングコース BE:Building Engineering Course
安全かつ長く使える建築物を設計する
建築エンジニアリングコース

建築物をどのように建てるか、安全は確保されているか、どういう材料を使うか、建てたあとに維持できるかなどの観点で、構造、材料、施工などの知識と技術を修得していきます。このコースは「建築構造」「建築材料・施工」の2つのサブコースに分かれます。

key word:構造、材料、耐震、リフォーム

コースが目指す人材像:
建築構造や材料・施工に関わる設計・施工、開発、維持管理といったエンジニアリング技術を専門とする分野に携わる人材

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募