関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

就職と卒業後の進路

就職と卒業後の進路

コース別の主な進路

建築デザインコース=建築デザインコース 建築エンジニアリングコース=建築エンジニアリングコース 環境共生デザインコース=環境共生デザインコース 建築・都市再生デザインコース=建築・都市再生デザインコース すまいデザインコース=すまいデザインコース
建設技術者

設計図書に基づき、施工現場で実際に建設していく。

建築デザインコース 建築エンジニアリングコース 環境共生デザインコース
建築士

様々な建築物の企画、設計、施工監理などに携わる。

建築デザインコース 建築エンジニアリングコース 環境共生デザインコース 建築・都市再生デザインコース すまいデザインコース
インテリアプランナー

マンションから店舗のインテリアまで、目的に即したインテリアの企画を立てる。

建築・都市再生デザインコース すまいデザインコース
インテリアデザイナー

内装や家具、照明器具などを対象に、安全で快適な空間を設計する。

建築デザインコース 建築・都市再生デザインコース すまいデザインコース
デベロッパースタッフ

再開発等において、都市計画から店舗まで、目的に即した企画を立てる。

建築デザインコース 建築エンジニアリングコース 建築・都市再生デザインコース
公務員

まちづくりや再開発、地域の活性化などを実現していく。

建築デザインコース 建築エンジニアリングコース 建築・都市再生デザインコース
コンサルタント

専門知識を活かし、顧客からの相談を受け、診断や助言などを行う。

建築デザインコース 建築・都市再生デザインコース すまいデザインコース
企画プロデューサー

コンセプト作成、コーディネート、調整など、幅広く活躍。

建築・都市再生デザインコース すまいデザインコース
維持管理技術者

建物を長期間にわたり、快適で安全で経済的に維持していく。

建築デザインコース 建築エンジニアリングコース 環境共生デザインコース 建築・都市再生デザインコース
研究・開発者

安心・安全で質の高い生活に貢献するための技術やプランを研究。

建築デザインコース 建築エンジニアリングコース 環境共生デザインコース 建築・都市再生デザインコース

文系・理系の区分けの無い、幅広い進路先

設計事務所(建築デザインコース建築エンジニアリングコース環境共生デザインコース建築・都市再生デザインコースすまいデザインコース)、インテリアデザイン事務所(建築デザインコース建築・都市再生デザインコースすまいデザインコース)、建設会社(建築デザインコース建築エンジニアリングコース環境共生デザインコース)、設備工事会社(建築エンジニアリングコース環境共生デザインコース)、ビルメンテナンス会社(建築エンジニアリングコース環境共生デザインコース建築・都市再生デザインコース)、リフォーム会社(建築デザインコース環境共生デザインコース建築・都市再生デザインコースすまいデザインコース)、住宅メーカー(建築デザインコースすまいデザインコース)、建材メーカー(建築エンジニアリングコース環境共生デザインコース)、家電メーカー(建築エンジニアリングコース環境共生デザインコース)、証券会社、保険会社、不動産会社(建築デザインコース建築・都市再生デザインコース)、工務店(建築デザインコース建築エンジニアリングコース環境共生デザインコース建築・都市再生デザインコース)、広告代理店(建築デザインコースすまいデザインコース)、国家・地方公務員(建築エンジニアリングコース建築・都市再生デザインコース)、設備機器メーカー(環境共生デザインコース)、大学院進学(建築デザインコース建築エンジニアリングコース環境共生デザインコース建築・都市再生デザインコースすまいデザインコース) など。

就職状況

9割を超える就職率

2015年度の就職率は100%(就職者/就職希望者)。私達が受け入れた学生を、どのような人材として育て、社会へと送り出していくか。高い就職率は、その答えを示しています。OBの中には、建設関係以外の就職先を選ぶ人もおり、幅広い分野を学べる建築・環境学の利点があらわれています。

 

主な進路・就職先(2011〜2015年)
ゼネコン 日本国土開発(株)、坪井工業(株)、大洋建設(株)、大成建設(株)、清水建設(株)、三井住友建設(株)、五洋建設(株)、若築建設(株)、山本建設(株)、馬淵建設(株)、前田建設工業(株)、北信土建(株)、根本建設(株)、西松建設(株)、奈良建設(株)、飛島建設(株)、戸田建設(株)、東洋建設(株)、東亜建設工業(株)、鉄建建設(株)、田中土建工業、田中建設(株)、高松建設(株)、大和小田急建設(株)、大東建託(株)、スターツコーポレーション(株)、スターツグループ、鈴与建設(株)、末長組(株)、新日本建設(株)、清水建設(株)、小俣組、小雀建設(株)、ケーアンドイー(株)、木内建設(株)、関東建設(株)、風越建設(株)、魚津社寺工務店、岩瀬工務店、五十嵐工務店、JFEシビル(株)、JFEコンフオーム(株)、一建設(株)、(株)松尾工務店、(株)合田工務店、(株)安藤・間、(株)渡辺組、(株)松村組、(株)フジタ、(株)ナイス、(株)飛島建設、(株)大和小田急建設、(株)大勝、(株)信友建設、(株)熊谷組、(株)河津建設、(株)大本組、(株)大林組、(株)植木組、(株)NB建設、(株)松尾工務店、(株)大須賀工務店 など
設計事務所 天草産業(株)、大和ハウスエ業(株)、積水ハウス(株)、ヤマダエスバイエル、バナホーム(株)、日本住宅(株)、トヨタホーム岐阜(株)、タマホーム(株)、タクトホーム(株)、大和ハウスエ業(株)、住友林業ホームテック(株)、(株)レオハウス、ウスイホーム(株)、一条工務店、NICE(株)、(株)東栄住宅、(株)センチュリーホーム、(株)スウェーデンハウス、(株)エスケーホーム、(株)成建、(株)フレッシュハウス、(株)アキュラホーム、(株)アーネストワン など
住宅 (株)梓設計、(株)アトラス設計、(株)石本設計事務所、(株)伊藤喜三郎建築研究所、(株)金子設計、(株)久米設計、(株)JR東日本建築設計事務所、光井純アンドアソシエーツ建築設計事務所(株)、(株)山下設計、(株)ヨシザワ建築構造設計、(株)RISE構造設計事務所など
設備 第一工業(株)、大成温調(株)、相和設備工業(株)、新日本建設(株)、新日本空調(株)、高砂熱学工業(株)、共栄配管(株)、菱和設備(株)、三菱電機照明(株)、松下産業(株)、不ニサッシ、東昭エンジニアリング、日本設備工業(株)、東洋熱工業(株)、タカラスタンダード、ダイダン(株)、ダイキンエアテクノ(株)、須賀工業(株)、三建設備工業(株)、三機工業(株)、斎久工業(株)、経塚工業(株)、関東建設工業(株)、川本工業(株)、株式会社エコライフ、オーク設備工業(株)、TOTOエムテック(株)、(有)新都設備、(株)日立プラントテクノロジー、(株)日比谷総合設備、(株)西原衛生工業所、(株)ダイダン、(株)大気社、(株)総合設備計画、(株)アベルコ、(株)竹村コーポレーション、(株)ダイナナ、(株)関電工 など
建設 (株)夢真ホールディングス、(株)富士防、(株)フォルス、(株)シミズ・ビルライフケア、(株)スピードワーク、(株)standard など
不動産 リスト(株)、横浜市住宅供給公社、住友不動産リフォーム(株)、CLCリライブ 神奈川、(株)リーブ・ライフ・21、(株)ミニミニ、(株)プルーボックス、(株)クラスト など
その他建築 (株)夢真ホールディングス、(株)富士防、(株)フォルス、(株)シミズ・ビルライフケア、(株)スピードワーク、(株)standard など
建設 東日本旅客鉄道、アップコン(株)、(株)ジェイアール東日本ビルテック、日成ピルドエ業(株)、独立行政法人都市再生機構、ワイエム総合サービス(株)、横浜港ふ頭(株)、ホームテック(株)、フロンティアコンストラクション&パートナーズ(株)、プラスロジスティックス、コンション共同検査機構、(株)シンワ検査 など
官公庁等 福島県相馬市役所、荒川区役所(技術職)、日本メックス(株)、日本ERI株式会社、木更津市役所、川崎市教育委員会、川崎市、小田原市、会津工業高等学校、(財)ベターリビング など
2015年度 卒業生の進路(業種別割合)

1級建築士受験

高い建築士合格者数

全国の建築系国公私立大学等300校以上がある中で、国土交通省が毎年公開している「一級建築士試験の学校別合格者一覧」(10名以上)に、本学は常に掲載されています。合格率が10%前後という難関試験に、多くの卒業生が合格しています。資格試験に対応した本学のカリキュラムの成果と言えるでしょう。

 

・一級建築士 学校別合格者ランキング(*国土交通省HPから)

平成24(2012)年 40名/23位
平成25(2013)年 24名/41位
平成26(2014)年 25名/41位
平成27(2015)年 20名/49位

取得可能な資格

関連する資格・免許

建築士(一級、二級、木造)、インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター、商業施設士、カラーコーディネーター、技術士、建築施工管理(一級、二級)、管工事施工管理技士(一級)、土木施工管理技士(一級、二級)、造園施工管理技士(一級、二級)、非破壊検査技術者(一級)、建設機械施工管理技士(一級、二級)、建築設備士、ボイラー技士(特級、一級)、空気調和・衛生工学会設備士、消防設備士(甲種)、建築物環境衛生管理技術者、エネルギー管理士、電気工事施工管理技士(一級、二級)、火薬類取扱保安責任者、火薬類製造保安責任者、宅地建物取引主任者、不動産鑑定士、高等学校教員1種(工業)など

大学院進学のすすめ

関東学院大学大学院工学研究科建築学専攻
学部4年間を終えた後、大学院に進学して学修や研究を続けることで、更に深い知識と幅広い進路の可能性を得ることができます。1年生へのアンケート調査結果では、約20%の学生が、4年後の進路として大学院への進学を考えています。社会をとりまく状況や建設・環境技術がますます高度に複雑化していく中、自身の専門性をさらに高めて、将来の可能性を大きく広げるために、他大学でも大学院へ進学する学生が多くなってきています。
大学院で充実した研究指導を受け、さらなる知識を修得した学生達は、学会発表や設計コンペ等で受賞するなど、各処で優秀な成績をおさめています。学部卒業後に大学院で得た知識と経験、また研究活動で培われた、問題点を見出し解決に至る能力、さらに学部ゼミ生への指導を通して養われたリーダーシップは、将来への大きな財産となります。
就職試験でも、大学院で身に付けた専門的な知識や幅広い学修経験は高く評価され、学部卒業生に比べて有利な条件となり、より高度な技術や知識を要求される職種に就くことが可能です。
高度な建築技術の修得と建築デザイン能力の向上のために、関東学院大学大学院建築学専攻が用意するカリキュラムは、教育上の理論と実践においてバランスのとれたものとなっており、理工系だけでなく、文系・芸術系の出身者にも幅広く対応できるように配慮されています。

大学院生の活躍実績
概要
本学の大学院は博士前期課程(一般でいう修士課程、2年間)および博士後期課程(3年間)から成り立ちます。建築学専攻は「建築・都市計画」、「建築構造」、「建築生産」、「建築設備・環境工学」の4つの専修から出来ています。諸外国の大学や研究機関との共同研究、国内外の招聘講師による講演会の開催等によって、学生の視野を広めて、活発な研究交流を行っています。
博士前期課程では、専任教員が指導する演習・実験科目と文献研究科目があります。さらに、分野別に専門科目が多数設置されており、高度な技術と知識を無理なく身につけるカリキュラムとなっています。 また、殆どの科目は一級建築士受験の実務経験認定科目となっており、資格試験に対応した履修指導を行っています。博士後期課程では、これらに加えて、さらにレベルアップを図った研究活動が行われます。
建築・都市計画専修
建築および都市の計画と設計に必要な、高度の専門的知識と技術の修得を目的として、両領域に関する応用的かつ実践的な内容の講義と演習の科目群が配置されています。
特に「デザインスタジオ」は、大学院レベルにおける設計能力の向上を目標とした設計演習科目です。建築や都市の再生、ランドスケープデザイン、近・現代建 築の批評的な分析、近代日本の住宅史に関する講義も置かれ、建築と都市に関して、歴史や現代的なトピックをも包括した総合的な視野をもった人材を育成して いきます。
研究分野:建築計画、建築デザイン、意匠論、建築史、ランドスケープ、保存・再生
建築構造専修
鉄筋コンクリートや鉄骨構造といった各種構造の特徴と構造特性、さらに構造メカニズム理論と実設計例の理解、弾塑性に至る構造解析手法、振動・地震工学といった側面から、建築構造の応用的な知識と技術を修得します。
博士前課程期では力学、弾塑性学、構造計画、構造設計、振動学、地震工学に加え、性能設計法に至るまでをカバーし、専任教員に加え、構造設計実務経験者、 地震工学に精通する講師によって、建築構造を取り巻く広範囲の専門的教育を実施しています。博士後期課程では更に建築構造技術に応用可能なアルゴリズムの 模索、解析手法、実験手法に関わる講義を通して、社会に還元できる有用な建築構造に関わる研究を行っています。
研究分野:耐震工学、地震防災、鉄筋コンクリート構造、鉄骨構造、木構造、構造解析
建築生産専修
建築物の生産に不可欠な構法、材料、施工に関する専門的知識・技法について学びます。この専修では、 建物の各部位の要求性能を満たすための構法計画のあり方および雨仕舞の基礎原理を理解する建築構法学、建築各部位の要求性能や材料の具備すべき性能ならび にその評価方法について学ぶ建築材料学、各種の建築物の生産過程における各段階での安全性や快適性について理解し、特定の生産システムについての労働安全 性および快適性について検討できる能力を身に付ける建築施工学などが配当されています。
さらに近年では建築物の長寿命化の要請に応えて、建築物の耐久性を高める手法を学ぶ科目も配置され、本専修の特徴となっています。
研究分野:建築生産、建築材料、建築構法、建築施工
建築設備・環境工学専修
熱・空気・音・水・光などの環境工学分野における基礎的な知識を発展させると共に、その技術的応用として給排水衛生設備、空調設備、電気設備の計画・設計法、さらに関連する先端的な研究の動向について学びます。
本専修は、環境工学分野の中でも熱、空気、音等の環境要素に関する科目群、建物から地球環境まで広範囲を扱う環境衛生工学や環境管理等の広域環境分野の科 目群、さらに給排水設備分野、空調設備分野、電気設備分野等の設備工学の科目群が配当されます。専任教員と共に、各分野に精通した技術者を招いた講義と演 習を通して、総合的な学習を行っています。
研究分野:建築環境工学、建築設備、給排水衛生設備、空気調和工学、電気設備工学
*講義科目などは、年度によって変更される場合があります。

関東学院大学大学院工学研究科のページへ

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募