関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

ワークショップ

ドローイングワークショップ

第1回「濃淡」<ドローイングワークショップ>

  • Category: ドローイングワークショップ
  • Posted by kgu1.
  • 2018/04/23

本日、第1回ドローイングワークショップが行われました。

この授業では、手を動かしながら、モノを観察し自分なりに整理していく力、そしてドローイングで表現する技術を身に着けます。

[ガイダンス]
まず始めにさまざまな建築家やアーティストのドローイングを確認し、ドローイングとは紙の上にアイデアを引き出すこと、スケッチを通して自分の体に風景をたたき込むこと、サラッと描かれたスケッチでも色んな考えがその中につまっているものだと学びました。

 20180414_①20180414_②

次に道具の説明、注意事項、そしてゴミ箱の作製についてのレクチャーが行われました。

この授業では鉛筆をカッターで削るので、その削りくずを入れるオリジナルゴミ箱をA4用紙で各自作製し、実際に使用して検証しながらアップデートしていきます。

20180414_③20180414_④20180414_⑤20180414_⑥20180414_⑦20180414_⑧20180414_⑨20180414_⑩

 

[濃淡]

スケッチブックに10cm角の正方形を定規を使用せずに描いていきます。

次にその正方形を9等分し、約3.3cm角の正方形を9つ作ります。

左のマスから右のマスへ段々濃くなるように、上段は塗りで、中段はハッチングで、下段は点描で描いていきます。

20180414_⑪20180414_⑫20180414_⑬20180414_⑭

今回、ドローイングの初回授業でしたが、皆、描いては消してを繰り返して理想の形に近づけていました。描いた色が薄いのと濃いのでは何が違うのか、先生の解説をはさみながら、線や点の密度で濃くするか筆圧で濃くするかなど様々な方法で濃淡を表現していました。これから4箇月間、ドローイングワークショップでは体験を通して様々なことを学べるので是非頑張ってほしいと思います。

TA 長田・早房

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募