関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

ワークショップ


モデリングワークショップ

第10回 ラフスケッチの図面から簡単にエスキス模型を作ろう! <モデリングワークショップ>

  • Category: モデリングワークショップ
  • Posted by kgu1.
  • 2022/01/12

2021.12.11(土)

 

本日、第10回の授業が行われました。

今回は、設計製図Ⅱの課題使用された増沢洵さんの「9坪ハウス(最小限住居)」をもとにエスキス模型を作成しました。

モデリングワークショップでは、授業時間中の学生同士の私語を慎み、質問がある際は挙手で先生方やTA、SAが個人指導を行っています。また、窓の解放に加え換気システムを使用し、空気の入れ替えを実施しています。

 

授業のはじめに、馬場先生からエスキスについての解説がありました。昨年度から1年生も自分で設計する授業が始まったため、今後の参考になったと思います。

 

10回_ページ1

 

今回は、模型材料を一部配布しました。

屋根:リップルボード(ボール紙色)

外壁:1㎜スチレンボード+ミューズコットン(黒)

出窓、手すり:スノーマット

配布された模型材料は、どれも模型に頻繁に登場する材料が多く、はじめて手にする学生も今後の制作の際に参考になったと思います。

 

10回_ページ2

10回_ページ3

 

今回は、最小限住居を参考にしているものの、「開口部の高さ」や「屋根形状」は自由となっていました。学生がそれぞれ好みの開口部の形状や屋根について考えデザインします。

 

10回_ページ4

 

1/100の模型ということもあり、全体のサイズが小さく繊細な作業でしたが、今まで学んだ技術を活かして建築的な模型製作ができたと感じました。

 

感染防止策として、学生間での物の貸し借りは禁止しています。

次回も、道具や必要な材料を確認の上、ケガのないように頑張りましょう!

SA 板橋