関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

ワークショップ

ドローイングワークショップ

第11回「果実・野菜のドローイング」<ドローイングワークショップ>

  • Category: ドローイングワークショップ
  • Posted by kgu1.
  • 2018/07/18

11回目のドローイングワークショップでは、前半に前回の色彩の表現法を行いました。
後半は各自で準備した果実・野菜をモチーフにして描いていきます。
果実・野菜の素材感などを、色彩表現やこれまでに学んだ技術を用いて表現することが今回の課題だと思います。

12
[レクチャー]
描く前に、篠崎先生よりレクチャーがありました。
細かく描かれた写真のような作品や、イタリアの画家、ジュゼッペ・アルチンボルドの作品解説。他にも多数、関連する作品解説を織り交ぜながらレクチャーを行いました。

34
[モチーフの外観]
今回のメインは各自で準備した果実・野菜をモチーフに描いていきます。それぞれ1つずつでなく、果実・野菜の中から好きなもの2つを描きます。
始めにスケッチブック1ページを半分に分け、1つずつ描いていきます。持ってきたモチーフで描く人もいれば、周りの人のモチーフと合わせて描く人もいました。
色塗りもデザインの一つです。何色も色を重ねて、モチーフの色に近づけていきます。

5678910
[モチーフの内観]
後半は前半に使ったモチーフの皮をむいたり、カッターで切ったりして、内部断面を観察していきます。
それぞれ食材に合った切り方をし、その中を見せる構図をそれぞれ整えていきます。

11121314PrintPrint

今回は持ち寄った食材をモチーフにドローイングを行いました。食材によって表面の質や形、色は異なっていますが、これまでに学んだ技術や表現力を駆使して表現していきました。後半の刃を入れる際は、教室に甘酸っぱい果実の香りが広がり、暑いじめじめした空気を忘れさせてくれたように感じます。
残り少なくなってきた講義ですが、一回一回を大切に学び続けて欲しいと思います。

TA 長田・早房

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募