関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

環境共生デザインコース

建築・環境学科

パッシブデザインスタジオ

ポートフォリオ提出<パッシブデザインスタジオ>

  • Category: パッシブデザインスタジオ
  • Posted by kgu5.
  • 2018/01/30

1/29はパッシブデザインスタジオのポートフォリオ提出日です。雪の影響により前回の授業は先生の講評のみとなっていましたが、今回はポートフォリオの提出と共に優秀作品の発表です。

はじめに、武田征樹さんの作品です。「Slope」という題名の作品は半地下階であるサンクンガーデンが特徴の建物でした。まず、北側の壁面は曲線にすることで西日を遮蔽し季節風を建物内に取り込むことを計画していました。サンクンガーデンの採光配慮や地下1階はカフェがあり落ち着いて過ごせる「静」の空間と、1階は子ども達が遊ぶ「動」の空間のように建築空間への配慮もなされていました。他にもBCPへ配慮し、雨水利用や地下1階の空間を壊さないように放射空調にしていたり、LED照明や人感センサーの採用による省エネルギー化を行っていた作品でした。発表終了後、学生からは津波対策の有無やサンクンガーデンについて質問されていました。

20170129-① 20170129-②

 

 

 

 

 

 

 

 

20170129-③ 20170129-④

 

 

 

 

 

 

 

 

20170129-⑤ 20170129-⑥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、佐々木拓海さんの発表です。「風が通り抜けるコミュニティハウス」の題目の通り佐々木さんの作品は3棟の建物が分棟になったデザインで、3棟はハイサイドライトを設けることで温度差換気や採光、ミスト散水や太陽光パネルによる創エネルギーといった様々な環境的手法を取り入れていました。コンセプト図には3棟の各階に色を用いたゾーニングや、断面図を用いた説明で、わかりやすい仕上がりとなっていました。佐々木さんに対しては、冬期の建物内の熱負荷処理をどのようにしているかといった質問がなされました。

 

20170129-⑦ 20170129-⑧

 

 

 

 

 

 

 

20170129-⑨ 20170129-⑩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

武田さんと佐々木さんの2人は3月の建築展で行われるバーティカルレビューにおいて作品を発表します。忙しい時期だと思いますが、発表に向けて頑張っていきましょう!

SA:安齋

 

 

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募