関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

環境共生デザインコース

建築・環境学科

建築環境デザインスタジオ

サテライトキャンパス建築図面最終提出・講評、給排水衛生設備1   <建築・環境デザインスタジオ>

  • Category: 建築環境デザインスタジオ
  • Posted by kgu5.
  • 2019/05/19

5月16日は「建築・環境デザインスタジオ」第5回の授業でした。今回は建築図面の最終提出だったため、授業始めに各自仕上げてきた建築図面とコンセプト図を提出しました。今回からは、いよいよ詳細な設備計画の段階に入ります。まずは、給排水・衛生設備の計画を行うにあたり、先輩が取り組んだ給排水・衛生設備コンセプトを基にして、計画の流れについて大塚先生から解説がありました。建物内を流れる水には、上水や雑用水といったいくつかの系統があり、その系統から便器や手洗い器、消火栓などの器具に給水されることを、系統図と呼ばれる建物内の水の流れを系統別に記した図を用いて学んでいきました。その後、実際に系統図を簡略化した概念図をトレースすることで、水の流れについての理解を深めました。

20190516_① 20190516_②

給排水設備の概念についての説明        水の流れのトレース

20190516_③ 20190516_④

給排水設備計画の例            受水槽周りの詳細

20190516_⑤ 20190516_⑥

概念図のトレースに取り組む学生

図面のトレース作業を一旦中断して、建築図面及びコンセプトの講評が行われました。発表を行ったのは、赤羽さん、阿部君の2名です。赤羽さんが設計したサテライトキャンパスは、局所的にブロックが飛び出しており、非常に動きのある外皮が象徴的な建物でした。飛び出したブロックの上部には植栽が設けられており、外皮の西面・東面には5号館の北面・南面にも用いられている、垂直・水平型の日射遮蔽ルーバーを設けていました。ルーバーは、植栽に合わせ木製のものを採用し、統一感のある外皮を演出していました。また建物中央部には吹抜けがあり、その周りに室を配置することで、利用者が吹抜けの周りを回遊し移動するような平面を作り上げていました。回遊式にすることで学生間の交流が生まれることも期待しており、大学のキャンパスとしての機能も考えられていました。

20190516_⑦ 20190516_⑧

赤羽さんの発表

20190516_⑨ 20190516_⑩

赤羽さんのコンセプト図

2人目の阿部君は、大きな吹抜け、階段上のホールなどがあり、断面形状が特徴的な建物でした。1階の階段上のホールには床吹き出し空調方式を採用している他、5号館1階の学生ラウンジで用いられた、地中熱を利用した空調システムも取り入れており、効果的なアクティブ手法の計画がされていました。また、屋上には雨粒をエネルギーに変え、晴天時だけでなく雨天時にも発電を行うことができる太陽電池や、透過型の太陽光パネルなど近年注目されている新技術も取り入れた計画に挑戦していました。

20190516_⑪ 20190516_⑫

阿部君の発表             断面コンセプト

20190516_⑬ 20190516_⑭

阿部君のコンセプト図

発表を行った2名以外の学生もコンセプト図の枚数を増やし、より詳細にコンセプトを説明していた他、種々の環境共生技術が反映されたパースを描き、自身のコンセプトをより分かりやすく伝えようとしていました。講評では、多くの学生がダブルスキンや日射遮蔽ルーバーなどのパッシブ手法を重点とした計画になっているため、5号館の事例も参考に効果的なアクティブ手法を積極的に取り入れ、バランスの取れた建物を目指すようにといった助言もありました。5号館をもとに、教材として活用していくことが大切なので、5号館の図面はもちろん、実際に5号館の細部を見て回り参考にしてみましょう。新たな発見や思わぬヒントが得られるかもしれません。講評後は系統図の配管部分を水の系統ごとに色分けをして、その流れを追う作業を行い、水の系統とその流れについて、より詳細に学んでいきました。今回の授業で学んだことを生かし、自身の建物の給排水設備コンセプトを考え、よりよい設備計画にしていきましょう。

20190516_⑮ 20190516_⑯

20190516_⑰ 20190516_⑱

分かりやすく表現されたコンセプト図

次回(5/23)の提出物

①各自の給排水コンセプト・系統図(手書き、着色すること)

②即実課題の系統図(未完成者)

③建築図面(建築図面不足の人)

20190516_⑲

次回(5/23)の提出物

TA:山本

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募