関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

環境共生デザインコース

建築・環境学科

パッシブデザインスタジオ

第4回 エスキス3<パッシブデザインスタジオ>

  • Category: パッシブデザインスタジオ
  • Posted by kgu5.
  • 2020/10/23

2020/10/12『パッシブデザインスタジオ』第4回目の授業では、はじめに石崎先生より構造やスパン、柱寸法の説明と断面図を描く際の注意点やポイントのレクチャーをしていただきました。また、山口先生より、近年、中大規模木造建築での活用が期待されている、板を各層で互いに直交させて接着した厚型パネルの構造材である『CLT(Cross Laminated Timber)』が紹介されました。

1枚目 (1)

本日は『スケールのある図面』を学生が持ち込み、具体的な平面計画、断面計画を構造も含めて、コンセプトをもとにエスキスしました。寸法を入れているものの、実際のスケールが把握できていない学生も多く、各室の具体的な用途、収容人数などをしっかりと考えていく必要があります。また、本日の即日課題のテーマは『光』です。自身の設計で「光」をどのようにコントロールするか、方位や日射熱とのバランス、室用途を考慮しながらまとめ、ケント紙に描き出しました。

2枚目 (1)

次週までの課題は、寸法を記入した、各階平面図(1/100スケール)、2面の断面図、2面以上の立面図(いずれも1/200スケール)です。本日の授業で学んだ構造にとらわれず、自ら調べ、新たな提案がされることを期待しています。

TA:木村、村尾