関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

環境共生デザインコース

建築・環境学科

パッシブデザインスタジオ

パッシブデザインスタジオ

  • Category: パッシブデザインスタジオ
  • Posted by kgu5.
  • 2019/10/02

2019/9/23は「パッシブデザインスタジオ」第1回目の授業が行われました。この授業では、春学期に履修した「建築環境デザインスタジオ」で学んだことを活かしながら、環境に配慮した建物の計画、設計と給排水設備、空調換気設備及び電気設備の計画、設計を行っていきます。

授業では、海に面する「金沢八景公園」を対象に、コミュニティ施設を設計する課題に取り組みます。授業の初めに、非常勤の先生方から紹介、授業の説明や建築条件などのガイダンスがありました。

1 2

続いて、対象敷地の見学に行きました。学生たちは、樹木の位置、風の流れ、敷地周辺の状況、避難場所からの景色を確認するなど、実際に訪れないと分からない情報をメモやスケッチで書き留めました。その後、教室では非常勤の先生方の建築意匠設計、設備設計など、これまで携われた建築作品について紹介いただきました。また、敷地見学で取ったメモをもとに、設計に活かすべく敷地とその周辺の状況を配置図上に整理しました。

3 4 5 6 7 8 9

最後に、春学期「建築環境デザインスタジオ」時に出題されたパッシブ的な要素を取り入れた建物についてのレポート課題を発表しました。

佐藤颯君は「鎌倉文化鶴岡ミュージアム」、波多腰貴雅君は「長野市役所第一庁舎」、薬師寺祐風さんは「神田外国語大学7号館」、山城匠君は「木材会館」へ実際に観に行った内容について、ディテールを含め各自が建物の特徴、自分が感じたこと、気になったこと、なぜその建物を選んだのかなどについて発表してもらいました。

10 11

次回(9/30)は、計画の初期段階として敷地調査のまとめと配置計画等のエスキスを行います。敷地の場所をどう読み取るのか、どういう施設にしたいのか、ということをまとめたコンセプト案、ボリューム模型の作成が課題です。これから半年間楽しくがんばっていきましょう。

TA:木村

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募