関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

環境共生デザインコース

建築・環境学科

建築環境デザインスタジオ

サテライトキャンパス空気調和・換気設備4〈建築環境デザインスタジオ〉

  • Category: 建築環境デザインスタジオ
  • Posted by kgu5.
  • 2019/08/03

6月27日は「建築環境デザインスタジオ」の11回目の授業でした。授業の冒頭では、本学5号館の各階ダクト設備平面図を用いて、遠藤先生から各空調方式のダクトやシステムについて詳しい説明を頂きました。さらに、授業を行っている製図室にも導入されている全熱交換型換気システムの熱を交換する機器の部材を実際に目で見てどのように熱の交換を行っているのかを学習しました。遠藤先生からの説明を踏まえ、ダクト平面図をケント紙に写生することを即日課題として取り組みました。

IMG_1073

実際の全熱交換器の熱交換部材

IMG_1022

遠藤先生からのダクト平面図についての説明の様子

授業の中盤には、空調系統のパイプが設置されているパイプスペースの説明や、ファンコイルユニットのドレン管がどこにつながっていて、どのように処理されているのかを実際に見学し、ドレン水の流れを把握しました。

IMG_1063

大塚先生からのパイプスペースの説明の様子

IMG_1068

ファンコイルユニットのドレン管の見学の様子

次回7月4日課題は

空調調和・換気設備(すべてA2図面)

・コンセプト

・空調ダクト系統図(中央,個別を1枚に)

・空調配管系統図

・空調配管平面図(1/100)

↳1階、2階

↳基準階

・空調ダクト平面図(1/100)

↳1階、2階

↳基準階

・今日の即日課題(未完成の人)

IMG_1085 IMG_1089

次回の提出課題          空調設備図面のポイントチェック

次回からは電気設備の授業となります。また、空調設備の図面の本提出があるので、遠藤先生から頂いたプリントや、他の授業で使用している教科書等を用いて空調方式や全熱交換器、配管・ダクト平面図の書き方を見て、自分の図面に反映し、綺麗なコンセプト図や、系統図を提出できるようにしましょう。頑張ってください。

 

TA 篠塚

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募