関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

環境共生デザインコース

建築・環境学科

建築環境デザインスタジオ

サテライトキャンパス電気設備1   <建築・環境デザインスタジオ>

  • Category: 建築環境デザインスタジオ
  • Posted by kgu5.
  • 2019/08/03

7月4日は「建築・環境デザインスタジオ」第12回の授業でした。今回からは電気設備の計画に入ります。まず始めに、建築に係る電気設備の計画について中村先生から解説がありました。解説中では、省エネルギー性の高い電気設備の紹介や、建物に電気を引き込む際の流れ、またそれに必要な機器についての説明がありました。その後、幹線の系統図を見ることで、実際に建物に電気を引き込む際の流れや、引き込んだ電気を各階・各室に配分する流れを図面上でどのように表現するかについて学んでいきました。

20190704_①編集後 20190704_②

幹線系統図の解説               解説図の詳細

その後、本日の即日課題となる幹線系統図についての解説がありました。建物内に引き込んだ電力を各階に送り使用するためには、どのような設備が必要であるか、より多くの電力を必要とする設備(空調機)がある場合、別途動力盤といった設備を置く必要があることなど、建物内で電気を使用するために必要となる設備を整理し、それらがどのような繋がりを持っているかを表現するのが幹線系統図であることを学びました。このような事を頭に入れた上で、学生はモデルとなる幹線系統図のトレースに取り組みました。これまで取り組んできた給排水設備や空調設備は、水や空気の「流れ」を実際に目で、体で感じることができました。照明などの電気設備では、電気が運ばれてくる過程での流れはあるものの、実際に電気が使用される段階では電気自体に流れというものを感じることができません。このような違いから、建物内での電気の流れはイメージしにくいという様子の学生も見られましたが、資料や図面を参考に理解しようとしていました。次回からは、実際に電気が使われる照明やコンセント設備に関する内容に取り組んでいきます。今回取り組んだ内容はしっかり復習し次回の授業に臨みましょう。

20190704_③編集後 20190704_④編集後

即日課題に取り組む学生          即日課題に取り組む学生

20190704_⑤編集後 20190704_⑥編集後

照明設備に関する解説            照明設備に関する解説

20190704_⑦編集後

次回(7/4)の提出物

次回(7/4)の提出物

①各自の電気設備コンセプト(絵と文字で表現)

②幹線系統図

③本日の即日課題(未完成者)

※次回、各自の図面の基準階平面図1/100 × 2枚(A3 or A2)持参のこと

TA:山本

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募