関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

環境共生デザインコース

建築・環境学科

建築環境・設備実験

排水設備の実験1<建築環境・設備実験>

  • Category: 建築環境・設備実験
  • Posted by kgu5.
  • 2019/05/23

「排水設備の実験」1週目の授業では、本学の大沢記念建築設備工学研究所に隣接してそびえ立つ建築環境設備シミュレーションタワーにて実験を行います。まず、大塚先生より、実験の内容について説明がありました。

IMG_2134

排水設備では、生活排水を円滑に敷地内から排除すること、衛生器具に設置されているトラップの封水を破らないことが大切です。「排水設備の実験」では排水設備システムを用いて、実際の生活排水を想定した排水実験を行い、トラップの封水が破封する現象を観察することで、その原理を理解することを目的としています。

 IMG_2146 IMG_2138

実験は、シミュレーションタワーの1、6、8階に設置されたトラップの封水が管内の圧力により減少する様子を目視メジャーで測定・観察するグループ、1階に設置されたバルブを調節し、実際の生活排水を想定した排水負荷を与えるグループ、パソコンを操作し各階に設置した圧力センサーから管内の圧力変動のデータを解析するグループの3つのグループに分かれて行います。

IMG_2165 IMG_2161

IMG_2153

測定・観察グループ

IMG_2177 IMG_2157 IMG_2150

排水負荷を与えるグループ

S__10469385

パソコンを操作グループ

実験の最後には、管内の大きな圧力変動により実際にトラップが破封する現象(跳ね出し現象)を観察しました。勢いよく噴き出すトラップの封水を目の当たりにし、排水設備には何が重要なのか実感できたのではないかと思います。

 IMG_2183

跳ね出し現象

次週は、今回の実験のデータからグラフを作成し、その結果を考察していきます。

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募