関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

環境共生デザインコース

建築・環境学科

建築環境デザインスタジオ

サテライトキャンパス建築図面修正、コンセプト、環境コンセプト、図面作成上の注意 その2 <建築・環境デザインスタジオ>

  • Category: 建築環境デザインスタジオ
  • Posted by kgu5.
  • 2019/04/30

4月25日は「建築・環境デザインスタジオ」第3回の授業でした。今回の授業では、各自の設計の環境計画を含めたコンセプト、建築図の最終修正を行いました。授業の始めに、前回の課題となっていたコンセプト図、平面図、断面図を提出してもらい、その中から6名の学生が選ばれ、各自の設計コンセプトを発表しました。発表を行った学生は、日射遮蔽により室内の熱負荷を削減できるルーバーや、主に建物のペリメータゾーンにおける熱負荷削減を行うダブルスキンなど、様々な環境共生技術を図で効果的に表現していました。しかし、取り入れた技術を説明しているだけで、自身の建物のどこに、どのように取り入れているかということを説明できていないといった指摘も、先生方からありました。また、その後「はと小屋」と呼ばれる、配管、ダクトの防水や維持管理をしやすくするための設備について、大塚先生から説明がありました。

20180425_① 20180425_②

発表を行う学生

その後、5号館の屋上に行き、屋上に設置された設備を見学しました。空調設備の室外機や、給排水設備の高置水槽、また太陽光パネルなどのエネルギーを創り出す装置を実際に見ることにより、そういった設備がどのように配置されているかが分かり、理解を深めることができたと思います。現時点では、屋上の平面図を表現しきれていない人も多いので、見学で得た知識を生かして屋上の平面図を充実させることができるのではないでしょうか。

20190425_③ 20190425_④

発表を行う学生                はと小屋の説明

20190425_⑤

次回の提出物

次回(5/7)の提出物

①コンセプト(全体図+詳細説明図)

②配置図(1階平面図に含む)1/100

③平面図(地階、1階、2階、基準階)1/100

④断面図(2面)1/100

 

※次回、色鉛筆・トレペ持参。

 

TA:山本

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募