関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

環境共生デザインコース

建築・環境学科

建築環境・設備実験

シーケンス・シーケンサ制御の実験1<建築環境・設備実験>

  • Category: 建築環境・設備実験
  • Posted by kgu5.
  • 2019/04/19

2019年4月16日、建築環境・設備実験の2回目の授業が行われました。今週から受講生は5つのグループに分かれ、5つのテーマについてそれぞれ3週間ずつ実験を行っていきます。

 

Aグループはテーマ1「シーケンス・シーケンサ制御の実験」の1週目の授業を行いました。

 

授業の冒頭に、中村秀親先生から実験の内容や目的、注意事項について説明がありました。

 20190416_01

 

 

実験は8名の受講者のうち、4名がシーケンス制御の実験、4名がシーケンサ制御の実験を行いました。ここではシーケンサ制御の実験を紹介します。

 

シーケンサ制御の実験では、

(1)プログラム入力と基本命令の実行(5課題)

(2)応用回路(押しボタン信号回路)を行いました。

 

中村秀親先生指導の下、プログラマブルコントローラにプログラムを入力していきます。

プログラム入力後に、皆で動作の確認を行いました。

20190416_02 20190416_03 20190416_04 20190416_05

応用回路では信号機の動作を確認し、点滅の速さを変えるなど様々な動きも試しました。

実験を通して普段どのような場所にシーケンサ制御が使われているか理解することができたと思います。

 

次週はシーケンス制御について紹介します。

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募