関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

環境共生デザインコース

建築・環境学科

建築環境デザインスタジオ

サテライトキャンパス建築図面修正、コンセプト、 環境要素コンセプト、機械室作成〈建築環境デザインスタジオ〉

  • Category: 建築環境デザインスタジオ
  • Posted by kgu5.
  • 2019/04/19

4月11日は「建築・環境デザインスタジオ」の1回目の授業でした。この授業では、建築設計製図Ⅳの課題として出題された「サテライトキャンパス」の図面を元に、環境に配慮した技術を取り入れ、より過ごしやすいように建物を設計していくことを目的とします。給排水設備に詳しい大塚先生、空気調和設備に詳しい遠藤先生、光・熱環境に詳しい山口先生、電気設備に詳しい中村先生と助手の新明先生が担当しています。初回は、先生方からの自己紹介と説明がなされ、山口先生からは敷地の事だけを考えるだけでなく方位、太陽の軌道なども考え建物を設計するようにとアドバイスを頂きました。その後、PS、DS、EPSと呼ばれる配管類を収納する部屋を自分の図面にしっかりと寸法を考えてから書き入れ、機械室やドライエリアの配置の確認も行いました。また、授業中に実際に5号館にあるPS、EPSを見学し、実際の寸法や配置を大塚先生や中村先生の説明の下、体感しました。

 IMG_0142 IMG_0157

各機械室の説明                                                    昨年度の作品の説明

IMG_0169 IMG_0170

地下室、地下ピットの高さ寸法                                      PS、DS、EPSの寸法

授業内では各自、先生方からのアドバイスを元に建築図の修正、敷地環境や気候の特徴を生かした環境技術を検討し、エスキスをしました。

IMG_0162 IMG_0195

図面修正の様子                                                EPSの見学の様子

IMG_0176 IMG_0150

                      観音開きの説明                                       昨年度の提出図面の見学の様子

次回4月18日の課題は自分の図面を修正後

・観音開き製本したものを提出(A2図面をA3に縮尺し、設備ごとに決定した色を塗ったものと、環境に配慮した技術や設備をコンセプトとして提出)

IMG_0203

次回の提出課題

さらに、自分が採用したいと考えている各種環境共生技術を図書館などで調べ、なぜ採用したいのかを先生にプレゼンできるようにしておきましょう。

 TA篠塚

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募