関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

環境共生デザインコース

建築・環境学科

パッシブデザインスタジオ

エスキス4(平面、立面、断面計画) <パッシブデザインスタジオ>

  • Category: パッシブデザインスタジオ
  • Posted by kgu5.
  • 2018/10/30

2018年10月22日(月)、パッシブデザインスタジオの5回目の授業が行われました。

今回の授業では、第3~4回授業までに行ってきた平面・立面・断面計画の最終調整をしていきました。授業が進むにつれて、段々と形になりつつある学生の設計案がより良い建築に近づくようにエスキスが行われました。先生方の熱意ある指導を受け、学生達は必死にメモを取り、自分のやりたいことを提案し、議論していく姿がみられました。また、TA、SAも少しでもサポートできるように親身に学生からの相談にのりました。

① ② ③ ④ ⑤ ⑥

また、授業の途中に、飯田先生より本設計課題とほぼ同規模のコミュニティ施設が紹介され、どのような室内空間を使用者に提供できるかについてレクチャーされました。題材として飯田先生が自ら設計された「岩槻市複合施設 ふれあいプラザ」が挙げられ、学生達は自分の設計に活かせるアイディアはないかと真剣に聞いていました。エスキスや飯田先生のレクチャーを受け、試行錯誤を繰り返しながらスケールをいれて自分自身の設計案に手を加える、スケッチをしてイメージを膨らませるなどの姿がみられました。

⑦ ⑧ ⑨ ⑩

本日もエスキスと並行して即日課題を学生に取り組みました。テーマは、パッシブデザインを考える際の重要な要素となる「緑」と「水」でした。この即日課題に学生達も慣れ始めたのかわかりやすく表現できるような工夫を施すものが多くなってきており、全体的にきれいに描かれていました。

⑪ ⑫ ⑬ ⑭

 次回からは、11月12日に迫った中間提出に向けて現段階の計画的図面を本格的な意匠図に仕上げていく作業に移行していきます。そのために来週の授業のはじめには石崎先生から作図時の注意点についてレクチャーがあります。それに備えるため、まだ設計案が具体的になっていない箇所がある、進捗状況が芳しくないと思う学生は今週中にまとめるように努めて下さい。素晴らしい設計案が数多くあるので、最後までやりきってくれることを願っております。

 

「来週の提出物」 (今週のものより具体的に描いてくること)

・平面図(1/100)

・断面図(1/200)

・立面図(1/200)

TA:大塲