関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

環境共生デザインコース

建築・環境学科

建築環境・設備実験

換気の実験1<建築環境・設備実験>

  • Category: 建築環境・設備実験
  • Posted by kgu5.
  • 2018/05/16

5月15日の授業では、「換気の実験」1週目の授業を行いました。今回は、実際に生活している大学構内の濃度について知ることを目的とし、法律や基準で定められている濃度基準と比較して、実環境での濃度状態を調査しました。濃度測定には検知管式気体採取器と光散乱式粉塵計を用いCO2(二酸化炭素)、ホルムアルデヒド、CO(一酸化炭素)、O3(オゾン)、O2(酸素)、粉塵の6種類について測定を行いました。測定では2グループに分かれ、それぞれのグループが濃度の高そうな場所・低そうな場所を選定し測定を行っていました。

20180515-① 20180515-②

はじめに、教室で検知管式気体採取器と光散乱式粉塵計の使用方法について学び、その後大学構内で測定したい場所に行き、濃度測定を実施しました。

20180515-③-jpg 20180515-④-jpg

それぞれの測定場所について、その場所を選定した理由、濃度の高低についての予想、実測値を比較・考察し、レポートにまとめます。

 

次回は、呼気中のを用いた換気量測定(炭酸ガス法)を行っていきます。

 

M1:中平