関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

環境共生デザインコース

建築・環境学科

パッシブデザインスタジオ

空気調和・換気設備1 <パッシブデザインスタジオ>

  • Category: パッシブデザインスタジオ
  • Posted by kgu5.
  • 2017/12/20

2017/12/04、 <パッシブデザインスタジオ>の第10回目の講義が行われました。
今回の授業は、給排水衛生設備計画に関する図面やコンセプトシートのエスキス、空気調和・換気設備計画に関する即日課題です。
授業開始前に給排水衛生設備図面の提出が行われ、先生方が図面の不備等のチェックをします。

 

1

 

図面の確認が終わり次第、最終提出に向けて学生たちとのエスキスが行われました。

図面に関しては春学期でも取り組んでいたため抵抗なく取り組めていた印象でしたが、コンセプトシートについては一部でまだまだ表現しきれていない印象を受けました。

 

2 3

 

 

 

 

 

 

 

 

4 5

 

 

 

 

 

 

 

 

6 7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8 9

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 
今回から空気調和・換気設備計画に入ります。
空気調和・換気設備計画を行うために、自分たちが設計した建物の使い方(運用時間や利用者の性別、年齢層等)を改めて具体的に整理し、どのような空間が適しているかを考えながら、適用する設備システムのアイディアをコンセプト図や系統図に整理していきます。

建物の概要を整理しつつ整理したことをどのように表現していくか、その方法に悩む学生が多く見られましたが、文章で表現するのではなくグラフにして要素を分解していく等の工夫を凝らす学生もいました。

 

10 11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12

 

 

授業終盤に小原先生から、今後の設備計画の為に室内機と室外機のつながりや機器の配置、換気方法、学生たちのアイディアを踏まえて省エネに配慮した太陽熱や河川水等を利用した場合の計画に関して具体的なレクチャーが行われました。

 

13 14

 

 

 

 

 

 

 

 

15 16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17

 

即日課題が終わっていない学生は次回までに完成させましょう。

これから空気調和・換気設備計画に入り、図面を仕上げていくことになるので、給排水衛生設備図面の修正が必要な学生は早い段階で修正を確実に行いましょう。

TA:本村