関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

環境共生デザインコース

建築・環境学科

パッシブデザインスタジオ

ガイダンス(全体説明)、敷地見学 <パッシブデザインスタジオ>

  • Category: パッシブデザインスタジオ
  • Posted by kgu5.
  • 2017/09/27

2017/9/25、「パッシブデザインスタジオ」の初回授業が行われました。この授業では、春学期に履修した「建築環境デザインスタジオ」等で学んだことを活かしながら、環境に配慮した建物の計画と空調換気設備や給排水設備、電気設備計画と設計の双方を行っていきます。パッシブ・アクティブを総合的に捉え、どのような空間を創り、図面に表現していくかを学修していきます。

学生たちはこれからの半年間、海に面する「金沢八景公園」を対象として、コミュニティ施設を設計する課題に取り組みます。

初回である今回は、先生方から授業の説明や建築条件などのガイダンスと、参考作品として昨年度のヴァーティカルレビューで金賞を受賞した4年生の大塲涼太君によるプレゼンテーションがありました。

① ②

 

 

 

 

 

 

 

 

③

敷地見学では、植樹の状態、敷地を抜ける風、光や影といった実際にその地を訪れないと感じ取れない、地図だけでは得られない情報を収集しました。そして、先生からの調査結果のまとめ方や情報の捉え方等に関するレクチャーを受け、設計へ活かすべくトレーシングペーパーを使用して配置図上に整理して行きます。

④ ⑤

 

 

 

 

 

 

 

 

⑥ ⑦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物の計画に加えて、設備の計画を行うということは、今まで以上に苦労すると思いますが、創ること、考えることを楽しんで取り組んでほしいです。

 

⑧ ⑨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回10/2は、計画の初期段階として敷地調査結果のまとめと配置計画等のエスキスを行うので、課題を完成させた上でそれらの計画を練っておくこと、また、エスキスを円滑に進めるためにボリューム模型の作成が次回までの課題です。これからがんばっていきましょう。

 

TA:本村

 

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募