関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

環境共生デザインコース

建築・環境学科

パッシブデザインスタジオ

給排水衛生設備1 <パッシブデザインスタジオ>

  • Category: パッシブデザインスタジオ
  • Posted by kgu5.
  • 2015/11/26

11/23は、8回目のパッシブデザインスタジオの授業が行われました。

授業の初めに、先週のおさらいとして石崎先生から階段とドライエリアの表現に関して説明がありました。修正点がある人、ない人も各自の図面を見直し修正を行いました。まだ平面図が仕上がっていない人は至急取り組みましょう。

 

① ②

 

今週の授業から設備図面の作成に取りかかるため、小原先生から、初めに給排水衛生設備について基本的な説明がありました。

授業の後半では、特に水を屋根散水や池に利用したり、川の水をくみ上げて水力発電を提案している学生二人の作品を例に挙げて、建築図にトレペを重ねて実際に書きこみながら、給排水衛生設備の系統図やコンセプト図の説明がありました。

 

③ ④

⑤⑥

⑦ ⑧

 

本日の即日課題は、「給排水衛生設備」について、給水方式を決めるための利用人員・器具数の計算、コンセプト図、系統図をA3ケント紙にレイアウトする課題です。多くの学生が系統図に苦戦していましたが、先ほどの小原先生の講義を聞いて、各自設計した図面にイメージは表現出来ていたのではないかと思います。
先生方が教室をまわり、一人一人の疑問に回答していました。そのなかでも、自分から積極的に先生に質問している学生も見られました。
限られた時間の中で課題に取り組むために、わからない点は先生に質問し、計画的に図面を仕上げていってください。

 

⑨ ⑩

⑪⑫

 

次回11/30の授業までの宿題として、平面図(1/100)に給排水衛生設備の配管図を書き込んできてください。
時間がないと思いますが、工夫して課題に取り組みましょう。

SA:坂口