関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

環境共生デザインコース

建築・環境学科

建築環境・設備実験

演色性評価の実験1

  • Category: 建築環境・設備実験
  • Posted by kgu5.
  • 2015/07/20

[テーマ4]1回目の授業では、光源の演色性について、高速道路のトンネル内の照明などを例に、光源について学びました。また、光環境に関する心理物理量について2年次の建築光・音環境の講義で学んだことを復習します。
実験1では、5号館505スタジオの自然光と人工光による明るさの違いを照度計を用いて、教室内の照度を測定しました。
学生たちは、照度計の使い方や、数値の読み方に苦戦していましたが、学生同士で相談し合いながら、取り組んでいました。

 

CIMG1132 CIMG1146

 

実験2では、光源の演色性の特徴を理解しながら、実際に人工光や自然光など人工光など光源の見え方によって、赤・青・緑・黄・肌5色の色紙がどのように変化をするかマンセル標準色表を使って測定しました。

 

CIMG1154 CIMG1160

 

学生たちは黙々と標準色表と5つの色紙を照らし合わせながら実験していましたが、なかなか自分が見えている色の判断がつけられず、苦戦する姿も見受けられました。
次週は、全員の演色性評価のデータと照度測定のデータをまとめ、グラフを作成します。