関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築・都市再生デザインコース

建築・環境学科

建築再生デザインスタジオ

エスキースチェック1<建築再生デザインスタジオ>

  • Category: 建築再生デザインスタジオ
  • Posted by kgu6.
  • 2021/04/23

2020年4月20日(火)「建築再生デザインスタジオ」第二週目の授業が行われました。

 

1)  中島先生 自己紹介レクチャー (13:30-14:00)

はじめに中島先生より自己紹介レクチャー「小さな建築から都市へ」についてお話いただきました。中島先生が進められている宇都宮のプロジェクトでは、リノベーションをして空間を水辺に展開してパブリック化を図ったものや、道路と民有地の間の空間をデザインし直しグランドレベルの居場所を拡張する計画などがあり、その詳しい活動内容を紹介していただきました。

授業写真2_1(編集後)

 

2)  エスキースチェック1 (14:00-16:50)

早速、全体を2グループに分けて各自チーム担当の先生に1回目のエスキースチェックをしていただきました。

授業写真2_2(編集後)

 

全体好評では、中島先生から授業時間を有意義に使うことを意識するようにご指導いただきました。他グループのエスキースチェックを聞いたり、情報交換をして議論をしたりすることで新しい視点を発見できるかもしれません。また、敷地設定をしていく上でピックアップしたものの中から良し悪しを決めるには、機能を明確にしていく必要があるとのご指摘もあり、各々プログラムを深堀りしていって欲しいと思います。酒谷先生からはエスキスの作法としてA3以上の紙ベースで用意してくること、文章だけではなくダイヤグラムや図面、模型などで提案を表現してくることをご指導いただきました。その建物は誰が運営をするのか、どこから資金が出されるのか、といった空間活用の仕組みまで想定をして、空間設計+プログラムを戦略的に行なっていくことを心がけましょう。

次回は各チームも更に作業量を増やし、より多くのアウトプットをできるように準備を進めてきましょう。

SA 小山更菜