関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築・都市再生デザインコース

建築・環境学科

都市再生デザインスタジオ

「都市再生デザインスタジオ」第3回 《授業報告》

  • Category: 都市再生デザインスタジオ
  • Posted by kgu6.
  • 2020/10/14

【開講】2020年10月8日(木)13:15-18:15

【教室】デザインラウンジ・デザインスタジオ

【参加】3年次生15名

【概要】

1) 全体共有・講評

2) エスキス

   3) 次回の連絡事項

2020年10月8日(木)第3回の授業です。

今日は初めに前回の授業から考えてきたものを全体で共有し、先生方に気になった作品をポスターセッション形式で個別に講評をしていただきました。

その後、各グループに分かれエスキスを行いました。

1)全体共有・講評

考えてきた案を、主に平面図とボリューム模型を使い、一人1分半でプレゼンしました。

各敷地で、住宅街に寄り添った作品や敷地の高低差を利用した作品など、様々な観点から敷地を読み取った独自の提案がされていました。

その後、先生方にエスキスを担当していない生徒の作品を中心に、個別の講評をしていただきました。それぞれの敷地の中でどんなプログラムを実現したいのか、まちにとってその必要度はどのくらいあるのか、その提案は住民に寄り添った設計になっているかどうかなどの質問やアドバイスがありました。

また、先生方の講評の間、生徒同士でも質問や意見交換などを行いました。

1008_12

1008_3

2)エスキス

全体共有での講評を元に、各グループに分かれてエスキスを行いました。

雑誌などに掲載された建築の事例を参考にしながら、例えばリノベーションの案の場合、既存建物のどこを残すか、またそれをどう図面にするかなど具体的な内容について検討し、その提案のためにはどのような作業が今後必要で、結果としてどんなことが起きるといいのかを決めるなど、個人の目標に合わせたアドバイスをしていただきました。

1008_5  1008_4

3)次回にむけて

授業の最後に、それぞれが個人で決めた次回までの課題や目標を発表・共有しました。

それを踏まえ先生方から、スケール感をつかむためにもプランには家具や人を入れた方がいいというアドバイスなどをいただきました。

次回どんな作品をもってきてくれるのか楽しみです。

SA 長谷川眞夕(酒谷研究室4年)