関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築・都市再生デザインコース

建築・環境学科

都市再生デザインスタジオ

第1回 <都市再生デザインスタジオ>

  • Category: 都市再生デザインスタジオ
  • Posted by kgu6.
  • 2019/09/28

担当:中津秀之(准教授)、酒谷粋将(専任講師)、櫻木直美(非常勤講師)、廣瀬健太朗(SA)
日時:2019年9月26日(木) 13:15-18:15

2019年『都市再生デザインスタジオ』第1週目の講義です。

5列目 左  5列目 右

本演習は、都市空間の特性をリサーチし、長期スパンで都市を変える戦略を構築するための、短期スパンでアクションを起こす都市の戦術を実践するいわゆる「タクティカルアーバニズム」の考え方に基づき、空間のプロトタイピングを通して、その街の可能性を最大限に活かした都市のデザイン(建築・ランドスケープ)に挑戦します。

「授業紹介」

非常勤講師である櫻木直美先生の自己紹介と、酒谷先生からの課題の趣旨説明、それぞれの自己紹介などがありました。

13列目 左  13列目 右

14列目 左  14列目 右

「フィールドワーク」

学校から徒歩で対象敷地である金沢文庫駅周辺エリアへ移動し、踏査によって街の特徴やコンテクスト(文脈・状況)を捉えていきます。

18列目 左  18列目 右

笹下釜利谷道路の北側は集合住宅などの大きな建築が多く、南側には親水空間のある宮川や、公園が点在する戸建て住宅の密集地があり、多くの世代が徒歩や自転車で行きかっており、親しみのある空間の魅力がありました。

22列目 左  22列目 右

次回は、この金沢文庫エリアにおける、問題点、資源をそれぞれ10個以上ずつリストアップし、各項目に関係する風景写真と、対象エリアの場所を地図上で対応付けしていくことで、都市を深く考察して行きます。

SA:廣瀬