関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築・都市再生デザインコース

建築・環境学科

建築再生デザインスタジオ

第12回 中間発表<建築再生デザインスタジオ>

  • Category: 建築再生デザインスタジオ
  • Posted by kgu6.
  • 2019/07/31

2019年7月4日(木)『建築再生デザインスタジオ』第12週目の授業です。

今日の授業は、第2課題:旧寺坂靴店のレスタウロ(再生・利活用)の中間発表を行いました。

中間発表では、それぞれが考える再生案を図面や模型を使って分かりやすく発表することが求められます。

描いてきた図面やコンセプトシートを壁面に掲示して、それを前に一人ずつ自分の計画内容を発表しました。

12-①

12-②  12-③

発表内容として、まずそれぞれが考えるコンセプト・テーマを発表し、ブックカフェorギャラリーカフェのどちらにリノベーションするのかを述べました。そしてリノベーションをする上で、設計コンセプトに応じて構造的な工夫やデザインをするのかを発表しました。

今回出てきた提案は、「交流をテーマとしたブックカフェ」、「泊まれるブックカフェ」、「既存構造と新たに加える構造のギャップを活かしたギャラリーカフェ」、「屋上庭園のあるブックカフェ」の4つとなりました。

12-④  12-⑤

提出物として、平面図、断面図の2点が必須でしたが、それ以外のコンセプトシートや、スタディ模型、スケッチなどを使い、積極的に表現しようとしている学生が少なかったのが気になりました。図面に色を付けたり、人や添景を入れる、人の動線を書く、吹き出しで文字を入れるなど、図面ひとつにおいても、工夫できる点がたくさんあります。

また、発表が終わった後、一人ひとり先生方からじっくりと講評を頂きました。この講評をしっかりと受け止めて、今後の糧にしていけると良いと思います。

全体を通して、どの学生も、この敷地の特徴である建物背後の「擁壁」の空間を活かしきれていないことや、階段などの寸法感覚についての指摘がされました。この敷地や建物の特徴をどう活かすか、そこに寸法的にリアリティのあるものをどう落とし込むかを考えていく必要があります。

最終提出では、さらに進化したプレゼンテーションができることを期待しています。

次週は、実測図面提出、最終提出に向けてのエスキースを行います。

SA:永野

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募