関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築・都市再生デザインコース

建築・環境学科

建築再生デザインスタジオ

第1回 ガイダンス <建築再生デザインスタジオ>

  • Category: 建築再生デザインスタジオ
  • Posted by kgu6.
  • 2019/04/18

2019年度の建築再生デザインスタジオのテーマは、「横須賀上町・旧寺坂靴店のレスタウロ(再生・利活用)」です。

横須賀上町商店街には、昭和初期の看板建築が多く残されています。看板建築とは、ファサードに洋風の意匠を凝らしながらも内部は和風の形式を持つ町屋(店舗兼用住宅)のことをいい、今年度はそのうちの一件、旧寺坂靴店を対象とします。

旧寺坂靴店は、現在1階は建築設計事務所として使われており、2,3階部分には建設当初の様子がよく残されている、昭和7年に建築された木造3階建ての建物です。第一課題として旧寺坂靴店の実測調査を行い、平面、立面、断面図などの図面と模型を作成します。第二課題では敷地調査を行い、周辺のコンテクストを読み解きます。第三課題はこれまでの成果を基にして、貴重な歴史的建造物である旧寺坂靴店を今後も使い続けていくためのレスタウロを提案します。

 

4月11日、2019年度の建築再生デザインスタジオ第1回目の授業が行われました。

黒田先生から、前年度スタジオでの作品紹介や、「3Dレーザースキャナ」を使った実測など、この授業の概要説明がありました。

2019,4,11,1

2019,4,11,6  2019,4,11,2

そのあと、非常勤講師の兼弘先生から、兼弘先生自身の設計事務所での仕事について、お話をいただきました。建物を再生・利活用する際は、その建物のオーセンティシティを見極めることや、良さを最大限に活かすことが重要になります。また、敷地周辺のスケール感など、対象建物だけでなく、周りもよく見ることが大事だということもお話しいただき、このスタジオの肝である「レスタウロ」再生・利活用を考えるときの心得がよく分かりました。

 

次週は、横須賀上町のサーベイを行います。敷地周辺の理解を深めましょう!

 

SA:永野

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募