関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築・都市再生デザインコース

建築・環境学科

エリアサーベイ演習

初回「ショートレクチャー/即日課題」

  • Category: エリアサーベイ演習
  • Posted by kgu6.
  • 2018/10/10

「エリアサーベイ演習」第1回目の授業が始まりました。

本演習では、実際に街に足を運び、調査を通じて都市空間の特性を発見する講義です。また発見してきたことを様々な媒体を用いてプレゼンしていく方法論も学びます。

目的は「①観察→②記述→③分析→④発見→⑤変換→⑥創造→⑦表現」する視点の育成です。

本講義は、今年度をもって終了となります。

とても大変な講義ですが、履修者には最後まで乗り越えて欲しいと思います。

はじめに中津先生より、授業に関する説明が行われました。

今年度も非常勤講師として佐々木先生、雨宮先生に担当していただきます。

2  1

レクチャー後は「ある“点”を記述する」という即日課題を行いました。大学内の自身のお気にいりの場所をA3用紙1枚でプレゼンテーションします。

プレゼンボードの作成にあたり、必ず自分の体の一部を使って空間を測ってくるルール設けました。1歩の長さ、腕の長さ、手の平の長さ等、様々な部分を測って空間を実測します。

3  4

5  6

体の実測・空間調査・ボード作製を1時間で行います。時間の使い方が今回のだと課題だと思います。限られた時間の中で伝えることをまとめ、表現していくことは、これから建築を学んでいくうえで大切なことです。

7  8

9  10

各自の調査ボードを掲示し、タイトル・文章・デザイン・TOTALの4項目で学生投票を行いました。

11  12

13  14

投票数の多かった学生に、ボードの工夫点について発表してもらい、先生方よりアドバイスをいただきました。

15  16

17  18

19  20

レイアウト構成や、表現方法、主観的な視点を持つと同時に、客観的な視点も持つことが大切だとアドバイスがありました。来週の宿題として、アドバイスと他の学生の作品を比較し、自分に足りなかったことを新たに加えて、来週また発表を行います。

21  22

最後に非常勤講師の先生方より、自作紹介のレクチャーがありました。

来週より本格的に第1課題が始まります。普段過ごしている大学の周辺のフィールドワークを行います。フィールドワークを通して、新たな視点を見つけるきっかけになればいいなと思います。

TA:長田

 

 

 

 

 

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募