関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築・都市再生デザインコース

建築・環境学科

エリアサーベイ演習

「さまよう空間」敷地見学&即日課題<エリアサーベイ演習>

  • Category: エリアサーベイ演習
  • Posted by kgu6.
  • 2016/10/18

2016年10月11日(火)『エリアサーベイ』第3週目の講義です。

①DSC00225

今週から安針塚駅周辺を調査の対象とします。

安針塚は「谷戸」と呼ばれる山に囲まれた地域のため、大学周辺と異なった雰囲気があります。

②DSC00229③DSC00236

⑤DSC00240⑥DSC00245

前回の課題では「線」から「面」をとらえる練習をしましたが、今回は地形と水の流れを考えながら街歩きをしました。

⑦DSC00285⑧DSC00246

⑨DSC00256⑩DSC00254

だんだんと道が細くなり、同時に標高も上がっていきます。

「谷戸」の特徴ですね。

⑪DSC00259⑫DSC00260

「谷戸」の終着点です。

道が狭くなり、斜面が急になっていきます。

⑬DSC00266⑭DSC00269

⑮DSC00267

山道を抜けて、塚山公園までやってきました。

眼下の横須賀港から、遠くの房総半島まで見渡せました。

地名の元となったイギリス人ウィリアム・アダムス(三浦按針)とその妻の供養塔があり、この地域を考える上で外せない場所です。

⑯DSC00274⑰DSC00284

⑱DSC00287⑲DSC00295

この高台から、「安針塚周辺の地形を分析するための断面図」を描く即日課題を始めました。

各自、街を歩き、空間の質が変化する場所を見つけ、図面化していきます。

⑳DSC00296

横浜DeNAベイスターズ総合練習場で再集合しました。

今回描いた断面図は、来週までの宿題として、プレゼンテーションシートを作り提出します。

紙の大きさは自由なので、わかりやすく面白いプレゼンテーションを期待しています。

SA野尻