関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築・都市再生デザインコース

建築・環境学科

建築再生デザインスタジオ

授業の成果を展示しました<建築再生デザインスタジオ>

  • Category: 建築再生デザインスタジオ
  • Posted by kgu6.
  • 2015/11/11

2015年度「建築再生デザインスタジオ」では、保土ヶ谷区霞台に建つ「保土ヶ谷カトリック教会」をテーマに、実測調査と設計課題を行いました。木造二階建ての聖堂(ヤン・ヨセフ・スワガー設計、昭和14(1939)年)は、切妻屋根の上にケルト十字が立つ、ネオ・ロマネスク様式の瀟洒な建物です。

学生達の作業の成果である実測図面と断面模型(1/50)、また演習課題として敷地内に計画した教会付属ギャラリーを、保土ヶ谷宿場祭り(10月14〜15日)、保土ヶ谷カトリック教会バザー(11月8日)の二度にわたり、地元保土ヶ谷にて展示することができました。

逾ュ繧・IMG_8077

逾ュ繧・IMG_8068

逾ュ繧・IMG_8051 逾ュ繧・IMG_8056

逾ュ繧・IMG_8067 逾ュ繧・IMG_8070

保土ヶ谷宿場祭りでは昨年に引き続き、イコットハウス(旧保土ヶ谷小学校跡)にて図面と模型を展示しました。お隣に置かれた保土ヶ谷宿の復元模型に合わせて、授業で作製した保土ヶ谷商店街の連続立面図と江戸時代の地割りの比較図も並べられました。秋晴れの中、会場には多くの方々に訪れていただきました。

 

IMG_8278

IMG_8318 IMG_8274

IMG_8286

保土ヶ谷カトリック教会バザーでは、聖堂の図面と模型を、なんと堂内に展示させていただきました。図面は恐れながら、ステンドグラスの上に直接張っています。見学者は皆、実際のお御堂と、これを描いた図面や模型とを、興味深げに見比べていらっしゃいました。

今回の調査に快くご協力いただいた李神父を始め、教会関係者の方々には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。