関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築・都市再生デザインコース

建築・環境学科

エリアサーベイ演習

第三課題『六浦地区』課題説明<エリアサーベイ演習>

  • Category: エリアサーベイ演習
  • Posted by kgu6.
  • 2014/11/12

2014年10月28日(火)『エリアサーベイ演習』5週目の講義です。

ar_01

第5週目の講義では、第二課題の発表を行ないました。

どの班も発表前には、先週に指摘されたことを踏まえながらプレゼンテーションのリハーサルを行い、班員3名がどのように役割分担して説明するかを議論してから発表に臨みました。

ar_02ar_03

プレゼンテーションは、各班5分程度で行ないました。

前回の発表時に多くの指摘を受けていた班は、先生方に注意された内容を反省し、調査や表現方法が格段に向上していました。

ar_04ar_05

ar_06ar_07

ar_08ar_09

前回授業からあまり発展をしていない班には、更に多様な視点をもって深く対象敷地を調査することで街の特色を発見することが可能となり、それによって今以上に詳細な調査・分析が可能になるとの指導がありました。

授業の最後には、次の課題の現地調査(フィールドワーク)として、先生方と一緒に対象地域となる六浦地区に向かいました。ここは前回までの敷地と違い、学外なので関東学院大学の生徒として地域住民の方に迷惑にならないように調査を行ないました。

ar_10ar_11

ar_12ar_13

ar_14ar_15

フィールドワークでは、埋立地である大学敷地周辺と鎌倉時代から集落があった土地における住宅の建て方の違いや高低差、視線の抜けなど前回までに学習した調査項目を復習しながら行ないました。

調査後は、班分けを行い7班の新たなグループを作りました。今回の課題は2週間とういう短いプログラムなので、各班とも意識を集中して調査・分析活動に取り組んでもらいたいです。

TA:宮下

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募