関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築・都市再生デザインコース

建築・環境学科

エリアサーベイ演習

初回講義<エリアサーベイ>

  • Category: エリアサーベイ演習
  • Posted by kgu6.
  • 2014/10/07

2014年9月30日(火)『エリアサーベイ演習』の初回講義です。

この授業では、今日の都市環境における身体的な経験や情報の過剰によって日々変化しつつある空間性にフォーカスをあて、21世紀における都市と空間・建築・環境デザインのあり方を考えていくことを目的に、主に都市の「フィールドワーク」を体験します。そのプロセスとして、都市を「観察→記述」、「分析→発見」、「変換→創造」することで、「フィールドワーク」の結果を「デザイン」に昇華させるプロセスを体得します。

AS_12AS_34

初回の講義は、中津先生によるエリアサーベイ演習で行なうことや過去の先輩方の作品や作業風景を見せ説明を行ないました。

AS_56

AS_7

最初の課題は大学の校内で『私の居場所』を調査し発表を行なうことです。

調査は身体を使って計測を行なうので、まずは身体のさまざまな部分を測定しました。

AS_1011 AS_012

大学でフィールドワークをしたあと、教室にもどり調査したことをA3のコピー用紙に描いてプレゼンテーションの準備をしました。

人に伝えることを意識しながらまとめの作業を行なっていきます。

AS_013 AS_014

発表を聞いてみたいものを学生が投票で決め、プレゼンテーションを合計6人にしてもらいました。先生や他の生徒からの意見を聞きながら発表を行いました。

AS_015

学生の発表後、先生の講評を行ないました。

人に伝えることで意識しなければならないポイントの説明や主観ではなくいかに客観性を持たせて伝えるか、まだまだ考えなければならないことが多いと学生も感じたと思います。その後次回の講義までの課題を伝えて本日の講義を終了しました。

TA:宮下