関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

建築・都市再生デザインコース

建築・環境学科

建築再生デザインスタジオ

保土ヶ谷宿サーベイ<デザインスタジオd>

  • Category: 建築再生デザインスタジオ
  • Posted by kgu6.
  • 2014/04/15

4/10、「デザインスタジオd」の初回授業が行われました。建築・環境学部では「建築再生デザインスタジオ」となる授業です。この授業では横浜市内の歴史的建築物を実測調査し、その再生・利活用計画をデザインします。

今回は東海道の要所、旧保土ヶ谷宿の街並みと歴史的建築の再生がテーマです。

 

0414-01

授業初回は、保土ヶ谷宿の現地サーベイからスタートです。相鉄天王町駅前、かつての帷子橋を再現した広場から、町歩きを開始しました。

 

0414-02+

0414-03+

 

 

 

 

 

 

 

0414-04+

0414-05+

要所要所で、講師の兼弘先生から建物の由来や街道の構造について解説がありました。古地図を片手に、江戸時代の宿場町が現在の街中にどのように生き続けているのかを、一つ一つ丁寧に確認していきます。

 

 

0414-06

一通り町中を巡った後は、兼弘先生の設計事務所にお邪魔して、保土ヶ谷宿の資料を広げながら、今後の調査計画を検討しました。

 

 

0414-07+0414-08+

打ち合わせの後、宿場そば「桑名屋」に移動。保土ヶ谷の「歴史を生かしたまちづくり」に長い間携わってきたご主人のお話を伺います。地元への情熱あふれる語り口と、保土ヶ谷宿の大きな復元模型に、学生は皆圧倒されました。最後においしい宿場そばをいただいて、本日の授業を終了しました。