関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

まちづくりデザインコースCSD:Community and Space Design Course

建築・環境学科

地域社会を活性化させる、まちづくりデザインを考える

良好な都市環境を創出・再生するために、住民との対話と協働を進めるコミュニティデザインや既存建造物の再生・利活用、ランドスケープデザインなど、総合的な観点から地域社会を活性化するための理論や方法を学びます。

講義

建築再生計画論
建築再生計画論

近年では既存建造物を文化的なストックとして認識し、有効活用していく方向へと視点が変わりつつあります。この授業では、歴史的都市と建築の再生の先進国であるイタリアの再生事例および都市計画事例を中心に、日本各地や地元横浜の優れた事例を紹介しながら、再生・活用の理念と計画方法と共に、建築物の再生のあり方を総合的・多角的に考えていきます。

アーバンデザイン
アーバンデザイン

都市は建築だけではなく、交通手段としての道路や駅、憩いの空間としての公園や水辺といった都市基盤が、その都市の特徴(コンテクスト)を創り出しています。この授業では、都市がどのように創られてきたかを知ると共に、これからの都市をいかに再生させるべきかについて、道、広場、河川、公園、街区など都市を形成する都市基盤の整備に関する「手法」について考えます。

都市形成史
都市形成史

建築と都市の未来、またその保存と再生を考えるためには、基盤となる都市の空間構造を総体的に把握することが必要不可欠です。この授業は西洋および日本における主要な歴史的都市を通観しつつ、古代から近代に至るまでの様々な都市空間の形成の歩みとその空間的特質について、総合的に学ぶことを目的とします。授業では事例として挙げた都市空間について、図的資料や各種文献を用いて、その特徴的な空間構造を比較対照しながら、固有の文化や風土、さらに社会・経済史的背景を踏まえつつ、空間構成の特徴を解説していきます。

ランドスケープ論
ランドスケープ論

建築やランドスケープを設計する過程において、敷地のコンテクスト(状況・文脈)を理解することは、最も重要な作業です。コンテクストを理解した上で、空間を構築することが、利用者にとって最良の建築を創る条件なのです。この授業では、都市デザインの理念について、ランドスケープデザインの視点から考察します。先人達が何を考え、どのように風景を創ってきたか、多くの事例を参考に、歴史的・風土的側面から分析すると共に、都市における風景のあり方について考えます。建築やランドスケープ、インテリア等、職能領域を問わず、設計行為における「作法」について習得することを目的とします。

まちづくり論
まちづくり論

都市計画の考え方との関係や、これまでの変遷・歴史、現在における法制度など、まちづくりに関する基礎的な知識やその思想的背景を、具体的な事例の学習を通して学びます。また、ワークショップ形式で実施する授業を通して、他者との対話による学びのプロセスを体験し、まちづくりに取り組むための姿勢や心構えを理解することを目指します。

デザインスタジオ

まちづくりデザインスタジオ1
建築再生デザインスタジオ

この授業では、まちの調査分析を通して人々のニーズを捉え、プログラムや運営方法等を併せた建築・都市空間のデザインを行います。建築やランドスケープといった職能上の区別なく、建築の内部空間からランドスケープのデザインまで連続的に空間・環境を提案する能力を養います。

まちづくりデザインスタジオ2

この授業では歴史的建築物の再生・利活用をテーマとして、対象建物の調査および改修案の提案を行います。始めに対象建物の現況実測調査と歴史的背景に関する調査を行い、建物と敷地への理解を深めると共に、周辺地域のコンテクストを分析します。これを基に再生・利活用のための建築プログラムを提案し、これを実現するための改修案を設計します。

総合デザインスタジオ

この授業では、建築や都市の分析手法・デザイン手法や理念を発展させながら、現代的・社会的視点を持って地域の今後のあり方を提案するプログラムづくりから始まり、実際の建築やランドスケープや都市を計画・設計することを行います。地域の様々な特性やコンテクストを読み取りながら、建築や都市が持つ可能性を検討し、空間の提案をします。