関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

新着情報

新着情報

建築・環境学部と看護学部による国際交流プロジェクト 「Serve the World in Hawaii」5日目

  • Posted by kgu8.
  • 2018/03/14.

3/12(月)、サービスラーニング5日目になりました。

今日はShriner’s Hospital(小児病院)の見学です。

DSC03318

DSC03322 DSC03325

 

 

 

 

 

 

 

DSC03330 DSC03335

 

 

 

 

 

 

 

 

Marc Rubensteinさんの案内により、病院の設立から体制、支援、医師・看護師・スタッフの役割、建物のデザイン、リニューアルの時期、防災のことまで様々な事を教えていただきました。ギブスを製作する専門職の方々からも説明をいただきました。

DSC03338 DSC03346

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC03352 DSC03371

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施設は、子供たちが楽しく過ごせるようにという配慮が随所に見受けられました。

DSC03365 DSC03366

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC03387 DSC03395

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC03402

 

Shriner’s Hospitalの見学終了後は、ハワイ大学へ行き、看護学部、建築・環境学部の学生はそれぞれハワイ大学の看護学部、建築学部へ向かいました。

DSC03411 DSC03413

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC03417 DSC03424

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建築学部では建物内を案内していただきました。1年生では基礎的な製図技術、2年生では住宅規模の設計、3年生ではランドスケープや都市デザイン、4年生ではコミュニティに関する課題に取り組んでいるという事でした。また、学生だけでなく、インターンが加わって様々なプロジェクトに取り組んでいるということで、ハワイ大学の学生から説明を受けました。

DSC03428 DSC03461

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の学生代表

村上初音さん(建築・環境学部1年生)からの感想:今日行った Shriner’s Hospitalでは、火傷や整形で苦しんでいる子供たちのために、様々な支援を行っていました。これまでのサービスラーニングよりも看護の分野に大きくかかわる活動でした。ですが、建築的な目線でも、段差の有無や扉の大きさ、子供たちの不安を和らげるためのデザインなど、直接見ることができました。施設にいた子供たちに会ったり、話を聞いて、医療関係の施設は普通の建物よりも多くのことを考慮しなければならないのだと、改めて感じました。貴重な体験ができて、とても良かったです。

 

大竹江美さん(看護学部 1年生)からの感想:今日は午前中にShriner’s Hospital(小児病院)へ見学に行きました。今回初めてアメリカの病院を見学して、制度や患者のニーズが日本と大幅に異なるという事を身をもって感じました。今回の見学で学んだことを今後の学習を通して更に理解を深め、より良い看護を提供していきたいと思います。

小児病院見学の後はハワイ大学看護学部の施設を見学しました。今回は見学のみでしたが、アメリカにおける看護師の役割を学ぶことができたので貴重な経験となりました。大学見学を通して、国によって看護師の役割が異なるということが分かったので、今後はより沢山の国の看護制度について調べてみたいと感じました。

 

 

見学の後はダイヤモンドヘッドに登りました。少し険しい道のりで大変でしたが、頂上から観る景色は息を飲むほど綺麗で、ハワイに来て本当に良かったと感じました。

DSC03473

DSC03519

DSC03548

 

今日は私にとって貴重な経験ばかりで充実した一日でした。

 

関連記事は以下です:

 

「Serve the World in Hawaii」1日目

 

「Serve the World in Hawaii」2日目

 

「Serve the World in Hawaii」3日目

 

「Serve the World in Hawaii」4日目

 

「Serve the World in Hawaii」6日目(最終日)