関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

新着情報

新着情報

関東学院大学建築・環境棟(5 号館)受賞記念シンポジウムが開催されました

  • Posted by kgu8.
  • 2017/09/04.

関東学院大学建築・環境棟(以下、5 号館という)受賞記念シンポジウムが7/29(土)13:00~17:00に開催されました。

2014年に竣工以来、5号館についての性能検証は教員・学生と設計事務所が中心となり、約2 年間にわたって行なわれ、昨年から今年にかけて権威ある学協会の表彰制度で定められている各賞へ応募し、3 つの賞を受賞することができました。

そこで、今回のシンポジウムは、「建築・環境棟(5 号館)の計画・設計・施工・検証まで」を主題とし、それらの受賞を祝うとともに、プロジェクトに参加された方々に、その経験と思いを生で語っていただきました。

シンポジウムは、「建築・環境棟(5号館)の計画・設計・施工・検証まで」をテーマにした「プロジェクト参加者からの報告」と、「建築・環境設備技術の構築と総合評価-建築・環境棟を活用した教育実践と今後の展望」をテーマにした「パネルディスカッション」の2部に分けて行いました。

最初は、関東学院大学学長 規矩大義先生により、開会の挨拶をいただきました。

 DSC05498

そして、第1部の基調講演は、「建築・環境学部設立趣旨と建築・環境棟計画主旨」を題し、建築・環境学部長 大塚雅之教授より行われました。本学の建築・環境学部の設立趣旨、ならびに5号館の計画主旨について説明しました。

DSC05501 DSC05506

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5号館は、大沢記念建築設備工学研究所の技術を継承し、様々な環境共生技術を用いて再生する手法を用いて、構想から設計・施工を経て、建築・環境学部の教育・研究を実践する新たな空間として建成されました。

次に、株式会社日本設計 建築設計群 チーフアーキテクト 千野保幸様より、意匠設計者の立場からの説明をいただきました。

DSC05510 DSC05512

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5号館のデザインを取り込む段階で、エネルギー使用の無駄を省く従来の「省エネルギー」に「匠の精神」を注ぐ、使い手が大きな付加価値やアメニティを得られるようなエネルギーの使い方、つまり「”匠”エネルギー」を方針に、仕組みの見える教材としての学習校舎の原型を作成しました。

 

環境設備設計者からの説明は、株式会社日本設計 日本設計 環境・設備設計群 主管 佐々木真人様よりいただきました。

DSC05516 DSC05517

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5号館の環境設備を設計したとき、将来学生の建築・環境を学修できるモデルを作成することを目的とし、“省”エネルギーに資する様々な環境・設備技術に触れ、感じ、建築・環境のあり方から学修し、それをさらに受け継いでいくことで、“匠”エネルギーへと昇華されることを期待していました。

 

施工者の立場からの説明は、株式会社竹中工務店 横浜支店 横浜・湘南地区FMセンター 主管 前田義光様からいただきました。

DSC05531 DSC05532

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物決めから、施工、官庁検査、設計検査、建築主完了検査まで、特に施工について、品質への取り込みや工程管理、施工中近隣住民への配慮、教材として学生見学の実施などについて説明していただきました。

 

 

シンポジウム第1部のフィナーレは、5号館の受賞に不可欠である性能検証グループの代表者、本学建築・環境学部研究助手 新明加奈子先生、独立行政法人都市再生機構 矢部暁様および株式会社 久米設計 川口俊哉様より講演しました。

DSC05538 DSC05543

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05552

 

5号館の性能検証は、室内温熱環境・換気などの指標に着目し、測定やアンケート調査を実施し、エネルギーの消費量による評価を行いました。その結果、5号館は利用者の快適度を確報した上で、エネルギー消費量は他大学の年間の平均値に比べて約55%も低減されていることが確認されました。

 

 

第2部のパネルディスカッションでは、来場者の皆様が記入したアンケートを取り上げて、問答のかたちで行いました。

来場者のOBや1~4年生、院生、特に高校生の方も自分が興味があるところについて質問し、パネラー達が対応して詳しく説明しました。

 

 

DSC05554 DSC05567

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05558 DSC05560

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05571 DSC05573

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05577 DSC05591

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05582 DSC05588

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05593

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後は、5号館を教材として活用するため、様々なイベントを開催する予定です。皆様、ぜひご参加ください。

 

 

 

 

 

 

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募