関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

新着情報

新着情報

第1回 連続セミナー「アフタースクールゼミ」 金野千恵氏 開催

  • Posted by kgu8.
  • 2017/06/07.

□講師(所属) 金野千恵(建築家・teco主宰)氏

□参加人数 90名

□参加教員 柳澤潤、粕谷淳司、神戸渡、納谷学(非常勤講師)、冨永美保(非常勤講師)、村山徹

□会場 5-301スタジオ
□日時 2017年5月25日(木)18:30~20:30
□主催(「アフタースクールゼミ」実行委員/関東学院大学建築・環境学科/関東学院大学建築・環境学部建築・環境学科学生会ARC)

□テーマ 「耕しの空間」

 

DSC04020

金野千恵さんは、東京工業大学塚本由晴研究室にて博士号を取得後、建築設計事務所tecoを設立され、福祉施設からアートイベントの参加など、多岐に渡って活躍されている建築家です。

レクチャーは「耕しの空間」というテーマに沿って進められました。

当日は、学部1年生から大学院2年生まで、多くの学生が参加していました。

 

はじめに、博士論文のテーマであった「ロッジア」(半外部空間)のリサーチから、処女作「向陽ロッジアハウス」への展開をお話いただきました。

DSC04029

次に、ケアハウス等の福祉施設プロジェクトをご紹介いただきました。

特別養護老人ホーム「minowa・座・garden」では、建物と道路との境界にあった塀を取り除き、まちに開かれた状況をつくりだす試みをご紹介いただきました。

また、「幼・老・食の堂」では、複雑なプログラムをわかりやすい連関図によってご紹介いただきました。

DSC04037

DSC04028

アートイベントのプロジェクトでは、数々の空間インスタレーションの事例をご紹介いただき、建築家としての幅広い活躍ぶりが印象的でした。

 

DSC04045DSC04051

最後の学生からの質疑応答では、「リサーチなどの研究がどのように設計に結びつけているか?」「旅行に行った時にどのようなものを見たらいいか?」など、1年生から4年生まで多くの質問があり、それぞれに真摯にお応えいただきました。

 

金野さん、ありがとうございました。

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募