関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

新着情報

新着情報

第15回建築展16/17 会場の紹介 その2

  • Posted by kgu8.
  • 2017/03/10.

 

3月8日(水)、横浜赤レンガ倉庫1号館3階で第15回建築展が開催となりました。

会場には、関東学院大学建築・環境学部建築・環境学科及び工学部建築学科の1年間の学修の成果が展示されています。今回展示されている各授業の内容と優秀作品を会場での展示順に紹介します。

 

<会場紹介 その2;map 17~25、他>

パンフ

 

CIMG0144_01CIMG0145_01

17.地域施設デザインスタジオ(3年次秋学期)

授業前半は、主にまちのリサーチの仕方をグループ課題としています。後半はそのリサーチを活かした地域にふさわしい公共的な施設の設計課題となります。

課題1:まちのリサーチ

JR関内駅から続く大通公園・横浜橋商店街を中心にリサーチし、歴史・交通・建物・プログラム・道路網などのジャンルに分かれて調べた結果をグループで発表しました。

課題2:大通公園を再生する施設

課題1で調べた結果をもとに、現在余り活用されていない大通り公園を再生する課題を行いました。

課題3:課題1、2を活かして、横浜橋商店街を中心とした半径500mの界隈に、その地域にふさわしい公共的施設を提案しました。

 

CIMG0149_01CIMG0150_01

18.建築・都市デザインスタジオ(4年次春学期)

特定の地域における都市空間の特性を調査分析し、その町の可能性を最大限に活かした都市のデザインに挑戦しました。学生の設計提案は、地元の住民に対して公開され、様々な住民との議論を通して、社会に貢献する建築や都市のあり方について熟考することが求められました。

課題:「団地」のこれからを考える

横浜市金沢区の金沢シーサイドタウンにいおいて、「店舗」・「駅」・「小学校」・「水辺公園」の4箇所を選び、都市施設のリノベーションを提案しました。

 

CIMG0152_01CIMG0153_01

19.燦建会

本学OB/OG会である燦建会が開催してきた、数々のセミナーの歴史が展示されています。

 

CIMG0156 CIMG0157_01

20.卒業設計

卒業研究での設計作品の中から、優秀作品を展示しています。

相川航 風景と共に

日下部力也 ゴミを都市に迎え入れる。-横浜インナーハーバーにおける最終処分場の提案-

作山美幸 『積み重なる広場』

佐々木さくら 音楽の公園 ~都心のコンサートホールと外部空間~

長田将拓 Herbs Restaurant

安部みなみ 異世代シェアハウス~高齢者と学生が住む家~

倉谷皓介 YOKOHAMA ART CONTAINER

酒井彩香 オプションハウスメーカー

田村樹 高架下の窓辺

森紗月 あたりまえの中で―このまちに合った、形式を持つ集落―

湯田直哉 3.11+1原発と向き合うメモリアル

 

CIMG0160_01CIMG0162_01

21.デザインスタジオⅠ

デザインスタジオⅠ(大学院修士1年春学期)

アーバンスケールやランドスケープを交えながら、都市的な規模やプログラムを自分なりに発掘するトレーニングと図面表現・模型表現のスキルアップを目指しました。

課題1:金沢八景駅からキャンパスまでを対象としたアーバンデザイン

課題2:パブリック・コモンズの設計

 

デザインスタジオⅡ(大学院修士1年秋学期)

建築のディテールや考えつつ、人に近いヒューマンなスケールでの設計を行いました。スケールの違いはあれ、個人の創造力が問われる社会性のある課題となっています。

課題1:架構から建築を考える

課題2:交流ギャラリー・ラウンジの利活用を設計する

 

CIMG0165_01CIMG0166_01

22.修士設計

修士研究の設計作品を展示しています。

長尾将孝 『組木』を用いた新たな木質建築の提案 -横浜市中区黄金町を対象として-

関広太郎 多様化する建築 -都市に於ける新しい公共の在り方-

亀山岳司 低・未利用地の利活用による中心市街地の活性化-新潟県長岡市の図書館建て替えをモデルとした提案-

松原裕太 旗竿状敷地を積極的に活用した新たな住宅街の提案 -新しい普通の住宅街を目指して-

 

 

CIMG0169_01CIMG0170_01

23.卒業論文 修士論文

卒業研究及び修士論文の成果として、下記の各研究室の代表的な論文を展示しています。

卒業論文

郎世勛 RC造学校建築の劣化調査とそのデータベース化 ―関東学院大学工学本館を例として-

山本直樹 老朽化した住宅団地の建替えに関する研究

高橋侑治 喫煙者と非喫煙者が共存する空間における 効果的な分煙手法に関する基礎的研究

米内山奨 枠組壁工法にCLTを活用した建物の夏期・冬期温熱環境に関する研究

本村雄大 業務用ビルのコンバージョンに対応した圧送・重力併用ハイブリット排水システムに関する研究

大上渓介 損傷後に筋かいを交換した筋かい耐力壁の構造性能に関する実験的研究

大越鈴花 円覚寺舎利殿の振動固有値解析

中川尊斗 アラミド繊維とポリウレア樹脂によって併用補強されたコンクリートの中心圧縮耐力

修士論文

松尾隆史 節水型大便器の排水横管内における搬送性能の汎用的なシミュレーション手法に関する研究

川口俊哉 節水形連立トイレシステムの排水特性と搬送性能に関する研究

小部良明 円覚寺舎利殿の構造モデル化と弾塑性挙動の分析

 

24.国際交流ワークショップ

CIMG0171_01CIMG0172_01

ロシアと韓国の建築・環境学部と交流のある大学の学生による卒業制作を展示しています。

 

CIMG0176_01CIMG0177_01

25.コンクリートカヌー

2016年9月23日(金)に第40回エコ・コンクリートカヌーコンペが開催されました。建築・環境学部の伝統行事です。参加チームは全部で9艇、参加者は約60名でした。大学前を流れる侍従川にで、夏休みに作成した手作りのコンクリート製カヌーでのレースが行われました。競技当日の写真が展示されています。

 

CIMG0174_01CIMG0188_01

・ファーニチャーデザイン(3年次 秋学期)

建築・環境学科が所蔵する名作椅子を実測して、原寸図を描きます。1/50スケールの模型を作り、空間エレメントである家具(ファーニチャー)を原寸でデザイン・製作します。実際に1/1スケールの作品を作ることによるリアルな体験を通して、空間デザインのバランス感覚を身につけます。

 

・常設ワークショップ

「Human scale」と題した常設のワークショップを連日学生が行っています。どなたでも参加可能ですので、是非お立ち寄りください。

 

 

写真

建築展会場には、多くの作品が展示されています。入場無料です。皆様のお越しをお待ちしています。

期間:2017年3月8日(水)~14日(火) 11:00~21:00

初日(3/8) 18:00~

最終日(3/14)~17:00

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募