関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

新着情報

新着情報

第4回 連続セミナー「アフタースクールゼミ」 足立卓実氏 開催

  • Posted by kgu8.
  • 2016/12/09.

□講師(所属) 足立卓実(デザイナー パナソニック(株)住宅研究所戦略企画担当主幹)
□参加人数 40名
□会場 5-301スタジオ
□日時 2016年11月17日(木)18:30~20:30
□主催(「アフタースクールゼミ」実行委員/関東学院大学建築・環境学科/関東学院大学建築・環境学部建築・環境学科学生会ARC)

□テーマ 「建築的思考の可能性」

tumblr_ohjf6hghjy1vsm6cuo3_1280

tumblr_ohjf6hghjy1vsm6cuo1_1280tumblr_ohjf6hghjy1vsm6cuo7_1280

足立卓実氏はパナソニック(株)エコソリューションズ社にて、デザイナーとして住宅関連設備・建材の企画・デザインを行う一方、同社および関連会社の情報を発信するため、展示イベントの企画/プロデュースを行われています。

今回のレクチャーの内容は、足立氏が筑波大学で建築を学んでいた頃に、仲間と共に始めたセルフビルド建築(木造の山小屋)の紹介、卒業後にデザイナーとして就職されたヤマハ(株)での担当作品、移籍した松下電工(現:パナソニック)で手がけた作品、そして現在行っているボランティア活動などです。

・電子ピアノ、シンセサイザー、マルチトラックミキサー、スキーブーツなど(ヤマハ在籍時)

・キッチン、パントリーなど、住宅内の家具ユニット、ビルトイン家電の開発戦略策定(パナソニック)

・パナソニックの引戸商品の情報を発信するための2014年ミラノサローネのパビリオン「Sliding Nature」(パナソニック×トラフ建築設計事務所)

・ハウスビジョン2016でプロデュースしたパビリオン2点(パナソニック×永山祐子、Air B&B×長谷川豪)

・京都近郊の山里で、ボランティアとして手がけている農家民泊プロジェクト

などが紹介されました。

足立氏のデザイン活動は分野が多岐に渡るだけでなく、特にパナソニック入社後に手がけたものは、20年以上も前の時点で現在のニーズを正確に予見されており、その完成度の高さも特筆すべきものがありました。また、セルフビルドで木材に関わった経験やマリンスポーツの経験など、「遊び」の中で得られた幅広く自由な知見を「仕事(商品開発)」に活かされている様子が印象的でした。

tumblr_ohjf6hghjy1vsm6cuo8_1280

足立氏の考える「建築的思考」とは、世の中に存在する「モノ・コト」を分解し、それを組み立て直して新たなデザインを思考すること、だそうです。会場は終始、率直かつ和やかな雰囲気で、最後に行われた学生からの質疑応答で今回のレクチャーは締めくくられました。