関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

新着情報

新着情報

建築構造物の耐震設計と持続的な展開に関する国際シンポジウム 開催報告

  • Posted by kgu8.
  • 2013/05/08.

sym01建築構造物の耐震設計と持続的な展開に関する国際シンポジウム

International Symposium on

Earthquake Resistant Design & Technologies and Sustainable Developments for Buildings

-関東学院大学建築・環境学部設立記念-

-At Establishing the College of Architecture & Environmental Design in Kanto Gakuin University-

(兼第12回構造系セミナー)

14-aicapS NewEmergencyManagementCenterS

          2013年4月26日(金) 14:40-18:15

関東学院大学情報科学センター4F・ベンネットホール

参加124名

 

イタリアと日本に焦点をあて、持続的な社会を背景として、特に注目されている建築構造物に関する現代の耐震設計の思想から、実際の免震装置、建築構造教育に至る問題を取り上げ、講演とパネルディスカッションを実施しました。イタリア・ペルージャ大学教授で、European Concrete Award 2012を受賞された、アルベルト・パルドゥッチ氏 Dr. Alberto Parducciから受賞作品を中心にユーロコードを用いた耐震設計の紹介を戴き、本学名誉教授の棈木紀男名誉教授は耐震設計に関する教育のあり方や震災を通して考えるべきことをご講演戴きました。また、黒田教授からはイタリアと日本での歴史的建築物の再生例を紹介戴きました。

パネルディスカッションでは、渡部准教授、江波戸助教を加え、両国の耐震設計の思想から、防災、再生手法に至るまで議論戴きました。3時間半ほどの中で、有用な話題と意見交換ができたと思います。関東学院大学理工/建築・環境学会をはじめ、ご協力各位に感謝いたします。

 

sym03sym02

DSCN4882DSCN4879

DSCN4878YOKOHAMA-CONFERENCE-2013S