関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

新着情報

新着情報

「新しい時代のまなびやづくり シンポジウム 2014 in 横浜」が開催されました。

  • Posted by kgu8.
  • 2014/12/09.

まなびやづくり シンポジウム 2014 in 横浜

『今日の大学キャンパスに求められる 教育・環境共生・維持管理

-関東学院大学建築・環境棟(5号館)の試み-』

 

2014年11月29日(土)、新しい時代のまなびやづくり シンポジウム 2014 in 横浜が関東学院大学建築・環境棟(5号館)で開催されました。ファシリティマネジメント(FM)を主題としたシンポジウム・パネルディスカッションです。
対象は学校法人施設・管財担当者、地方自治体学校施設整備担当者、設計会社・建築会社など施設整備関連企業、学校教職員、その他環境建築やファシリティマネジメントに興味のある方ですが、11月22日のシンポジウムに引き続き参加している熱心な学生も見受けられました。

 

-シンポジウム プログラム-

■開会挨拶 関東学院大学 建築・環境学部長 教授 湯澤 正信 氏

■講演 『関東学院大学六浦キャンパスにおける設工研及び建築・環境棟の計画』
     関東学院大学 建築・環境学部長 教授 湯澤 正信 氏

■講演 『設工研から建築・環境棟へつながる環境共生技術と環境負荷削減への期待』
     関東学院大学 建築・環境学部 教授 大塚 雅之 氏

■講演 『ファシリティマネジメントの現在』
     首都大学東京 都市環境学部 助教 李 祥準 氏

■見学 関東学院大学 建築・環境棟(5号館)、大沢記念建築設備工学研究所棟
     *後半20 分は、和太鼓集団「横濱たんぶう」による演奏

■報告 技術紹介『学校における省エネルギー対策について』
     東京ガス株式会社 佐藤 史章 氏

■パネルディスカッション 『キャンパスファシリティマネジメントの今』
  関東学院大学 建築・環境学部長 教授 湯澤 正信 氏
  関東学院大学 建築・環境学部 教授 大塚 雅之 氏
  首都大学東京 都市環境学部 助教 李 祥準 氏
  株式会社日本設計 佐々木 真人 氏
  進行:関東学院大学 建築・環境学部 講師 山口 温 氏

■閉会挨拶 まなびやづくり研究会 代表 石井 茂雄 氏

 

 

1129_01

1129_02 1129_05

1129_04 1129_03

100名を超える参加者のもと、主催団体である「まなびやづくり研究会」の菅野隆氏の司会でシンポジウムが始まりました。
また冒頭、関東学院大学 建築・環境学部長 教授 湯澤正信氏から開会の挨拶がありました。
湯澤正信氏は引き続き「関東学院大学六浦キャンパスにおける設工研及び建築・環境棟の計画」と題しての講演を行いました。この講演は副題を「小さな広場と自由な迂回路がつくるアーバンデザイン」としており、大学西門から設工研、建築環境棟とその周辺広場へのつながり等について説明がありました。
関東学院大学 建築・環境学部 教授 大塚雅之氏の講演は、『設工研から建築・環境棟へつながる環境共生技術と環境負荷削減への期待』という題で、2005年から継続して行ってきた設工研での環境測定データ(温度、湿度、エネルギー使用量、上水・雑用水・雨水使用量等)に加え、新築された建築・環境棟での測定の開始、予測される環境負荷削減効果などについて説明がありました。
『ファシリティマネジメントの現在』と題した首都大学東京 都市環境学部 助教 李祥準氏の講演では、大学施設におけるファシリティマネジメントの必要性について説明がありました。また、日本における戦後の社会・経済の成長など、ファシリティマネジメントが必要とされるに至る背景についてもお話がありました。

 

 

1129_061129_07

1129_081129_091129_10

1129_11

関東学院大学 建築・環境棟(5号館)及び大沢記念建築設備工学研究所棟の見学では、見学をしながら参加者からの質問に対し、講演者が答えていました。参加者には学校施設関係者や設計会社の方々が多く、皆さん積極的に質問をしていました。
見学時間の後半20 分は、和太鼓集団「横濱たんぶう」による演奏がありました。迫力のある演奏に、客席から拍手が沸き起こりました。

 

 

1129_12 1129_13

見学会の後は、東京ガス株式会社の佐藤史章氏から『学校における省エネルギー対策について-ガスシステムによる省エネ化の紹介-』についての技術紹介です。ガスヒートポンプエアコン(GHP)のペアマルチシステムや、コージェネレーションシステム(CGS)導入による省エネルギー効果等について説明がありました。

 

 

1129_14

1129_15 1129_18 1129_17 1129_16

1129_19 1129_20

パネルディスカッションは、先の講演者、湯澤正信氏、大塚雅之氏、李祥準氏に、建築・環境棟(5号館)の設計に携わった株式会社日本設計の佐々木真人氏を加え、関東学院大学 建築・環境学部 講師 山口温氏の進行で行われました。先の講演では話しきれなかった内容の補足説明や、佐々木真人氏から建築・環境棟(5号館)の設計に関連する技術内容の説明がされました。
質疑応答では、客席から様々な質問や意見が交され、参加者やパネリストにとっても、知見を広める良い場となったのではないでしょうか。
パネルディスカッションが終了し、シンポジウムの終わりには「まなびやづくり研究会」の代表 石井茂雄氏から、参加者、講演者、パネリストに向けて挨拶がありました。

 

参加してくださった皆様、ありがとうございました。

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募