関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

新着情報

新着情報

[理工学部、建築・環境学部教養学会主催ミニ講演会](第47回理科系学生のための公開英語講演会)

  • Posted by archenv.
  • 2022/06/30.

理工学部、建築・環境学部教養学会主催ミニ講演会 第47回理系学生のための公開英語講演会

English Lecture Meetings for Science-Major Students

On the Vibration of Buildings: A Case Study of the Reliquary Hall (Shariden) of Engakuji Temple

建築物の揺れ:円覚寺舎利殿の例から

講師:建築・環境学部 高島 英幸 先生

unnamed

理工学部、建築・環境学部教養学会では2022年6月20日(月)に建築・環境学部、高島英幸氏を講師とする標記タイトルによる4回目の「理科系学生のための公開英語講演会」を開催した。

 高島講師は構造物の応力変形を研究する建築構造学を専門とし、近年、歴史的価値のある建築物の研究を推し進めてきた。2016年に国際会議International Conference for Shell & Spatial Structuresにおいて、当時行われた他研究機関による円覚寺舎利殿(13世紀に建造された仏陀の遺骨を納めているといわれる入母屋造、禅宗様の神奈川県唯一の国宝建築物)の微動観測結果とその数学的なモデルとの整合性についての分析を行い、“Structural Analysis and CG Expression for Engakuji Shariden as a Historic Timber Structure in Japan”のタイトルにて発表されている。また、生物の特性を模して技術に応用しようとするbiomemetics(生物模倣技術)の視点を導入した樹木状柱の形態創生に関わる成果も国際学会に提出中である。

講演においては音、テレビ、ラジオ、Wi-Fi, CPU、電子レンジなど、様々な波動現象に原理的な説明を与える「単振動」の概念の導入の後、その建築物の振動分析ヘの適用に関しての説明が行われた。

研究対象である円覚寺舎利殿の耐震性に関しては、振動の原理的説明の適用が可能である面を説明した後に、本建築物固有の特性から残される未解明である点や今後の研究課題が紹介された。

unnamed (1)

 多くの建築学を専攻する、学年枠を超えた受講者からの後日のレポートでは、現在の最先端の高層ビルにまで応用されうる、歴史的な建築物に秘められた耐震のための英知に触れた驚きの声などが多く寄せられた。

講演は多くが建築・環境学部に在籍する聴講者の理科系的な興味を刺激し、英語学習者の学習動機づけの強化に助力をいただいた。当日は様々な質問が聴講者より寄せられ、講師によりすべてに詳細な回答が行われた。下記は一部である。

 

Questions & Answers

Q.What is the role played by the “Mokoshi” in the structure of the Reliquary Hall of Engakuji Temple or five-storied pagodas?

  1.  Imagine the columns of Shariden deforming outward.  Then, Mokoshi would be stretched with its parts called “Tension Ring” receiving tensile forces.  Tension Rings play a very important role for keeping the stability of the structure stretched broadwise under vibration.

 

Q.  Can the five-storied pagodas satisfy the standard in the new seismic design method, which is the seismic standard for current buildings?

A.  For evaluating the five-storied pagodas’ ability to withstand earthquakes in terms of the current seismic standard, we must investigate or analyze their collapse load and mechanisms.  While such investigations have not been carried out for them, their structural performances have already been demonstrated by the very fact that they have undergone and outlived countless external disturbances and earthquake motions.  By observing such historical records, researchers have continued to study the structural behaviors of the five-storied pagodas.

 

2022年6月20日(月)開催