関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

新着情報

新着情報

韓国 韓南(はんなむ)大学との交流及び大韓建築学会大会参加について

  • Posted by kgu8.
  • 2019/11/12.

毎年、10月末には韓国の大韓建築学会大会が開催されます。2010年度は10月24日~25日に韓国の大田(でじょん)市にある国立忠南大学で開催されることで、今回の大会では大塚雅之教授と大塚研究室の修士課程である久保田雄亮君と篠塚利彦君、李祥準准教授が参加しました。

韓国の大田市には、本学部と国際交流協定を結んだ韓南大学があることで、大会参加前日には、韓南大学工学部建築学科を訪問し、国際交流も行ないました。

 

10月22日の午前、韓南大学建築学科の訪問時、韓南大学側では、多忙な時期にも関わらず、イカンウ工学部長、ベジョンヨル国際センター長、カクノヨル建築工学科長、カンインホ建築学科教授、キムハクレ建築学科教授、イェカテリナ建築学科講師が参加し、私たちを歓迎してくれました。歓談会の後、M1の久保田雄亮君と篠塚利彦君が韓南大学先生方の前で人生初めての英語での研究発表を行ないました。翌日に大韓建築学会の大会で英語発表を控えた予行演習の位置づけでしたが、韓南大学の先生方は鋭い質問と暖かいアドバイスをしてくださって、大いに勉強になりました。改めて、韓南大学の先生方に感謝いたします。

01 02 03 04

午後には、大田市のすぐ隣に近年できた世宗(セジョン)特別自治市の韓国政府総合庁舎施設を見学しました。世宗(セジョン)特別自治市の建設は、なかなか見ることのできない巨大都市開発の課程を体験できます。

世宗(セジョン)特別自治市は、ソウルの人口過密化や国土発展の不均衡を解決するために、政治と行政の首都として新たに建てている新都市です。2012年から建設し始め、現在は韓国中央行政省庁が移転を行なっている最中です。人口は、2012年10万人から2018年には30万を超え、継続的に増加傾向であり、都市全体において数多くの建築や土木建設が行なわれています。その中心にある第1総合庁舎は、15棟の建物が繋がったかたちで屋上には全長3.6kmにおよぶ長い屋上公園をつくっています。現在は、7棟まで完成され、約1.8kmの公園を見学することができました。

05

06

08 07

24日~25日は、大韓建築学会の学術発表大会が開催されました。今回の大会では、347編の学術研究発表、各分野の専門委員会セミナー、建築展の作品展示などが行なわれました。

学術研究発表では、10分野の専門区分があり、久保田雄亮君と篠塚利彦君は「建築環境及び設備」分野で、李祥準准教授は「建設管理」分野で研究発表を行ないました。久保田雄亮君と篠塚利彦君は、海外学会での初めての発表でしたが、韓南大学での事前発表経験が生かされ、無事に英語での研究発表を終えることができました。

NM_IMG_0175 NM_IMG_0132

NM_IMG_0160 NM_IMG_0149

NM_IMG_0169

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募