関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

新着情報

新着情報

2019年度春学期バーティカルレビュー開催

  • Posted by kgu8.
  • 2019/09/17.

2019年8月11日(日)、2019年度春学期のバーティカルレビューが開催されました。このイベントは、教員と学生が共に関東学院大学の建築・環境教育の全体を見つめ直すと同時に、上級生や下級生の作品をみることで創造的な刺激を受ける場となることを目的としています。2年生の「設計製図Ⅲ」、3・4年生のデザインスタジオ科目、さらに「大学院デザインスタジオⅠ」までの優秀作品発表が行われました。また、昨年度に続き今年度もオープンキャンパスの日程に合わせて開催したことで、多くの高校生とその保護者の方々にも見ていただくことができました。

01

【2年次】

●建築設計製図Ⅲ
[担当] 粕⾕淳司、⼤塚雅之、酒谷粋将、⽊内達夫、⼭本健太郎、本⽥ 篤、馬場兼伸、冨永美保

第一課題「ふつうの家:自分の家族のすまい」
香川 唯   『U』
内藤 伊乃里 『間×カタチ』
星野 梨音  『渦状の家』

02  03

第二課題「海辺に建つ現代アートギャラリー」
⼤谷 奈生 『曲がり壁と連なりと』
高橋 伶佳 『木を包む美術館』
永山 千夏 『風浪』

04  05

 

ビルディングワークショップ
[担当]酒谷粋将、久⼭幸成、⽥畠隆志

Group A (代表:北村 望、内藤伊乃里) 『レシプロカルドーム:octet』
Group B (代表:板橋芽美、香川唯)『ジャングルジム:9_J』
Group C(代表:刑部 克輝、片桐 陸)『建築ピンポン:ゲーム愛好家』
Group D(代表:相吉 貫佑、永山千夏)『Dining Bridge:Lunch Time』
Group E(代表:荒川 百花)『KGU:チームKGU』
06_JPG  07

08  09

 

【3年次】

●ハウジングデザインスタジオ
「コーポラティブハウス+α」の設計
[担当]柳澤潤、野上恵⼦、⾼橋潤

鈴木 美祐『住み心地』
野口 航 『変わって豊か』
馬場 夏月『かさなる生活たち』
松崎 優佑『路地を喰う住居』

10  11

12  13

 

●建築再生デザインスタジオ
「横須賀上町・旧寺坂靴店のレスタウロ(再⽣・利活⽤)」
[担当]⿊⽥泰介、兼弘彰

小林 歩未 『TerasaCafe 親子のブックカフェ』
田中 将太 『Gallery Cafe 異間』

14  15

 

●住宅設計スタジオ
[担当]粕⾕淳司、奥野公章
第一課題「あり続ける住宅」
小山 大輝 『愛着』
長橋 佳穂 『新しいポテンシャル』

16  17

第二課題「スチューデント・ハウス」
斎藤 航平 『懇道』
財部 彩美 『ろうかでひろがる』

18  19

 

●建築環境デザインスタジオ
「サテライトキャンパスの環境・設備設計」
[担当]⼤塚雅之、遠藤智⾏、⼭⼝温、中村秀親
小野 菜月『Arcade Campus』
藤 亮太 『吹き抜けを囲む』

20  21

 

【4年次】

●建築・都市デザインスタジオ
[担当]中津秀之、柳澤潤、岡路明良、針⾕將⽂

「[都市の記憶に遊ぶ]関内アースダイビング」
崔 美玲  『K NODE』

「都市の魅力を増幅させる建築」
大崎 雅也 『都市のナカニワ』

22  23

 

●すまいデザインスタジオ
[担当]柳澤潤、高橋寛、納谷学、常山未央
「これからの都市居住」
伊藤 暖 『マチミチタウン』

「日の出町のアーバンコモンズ」
今井 菜月 『日の出町の踊り場』

24  25

 

【大学院1年次

●デザインスタジオⅠ
[担当]柳澤潤、上⻄明
「国際学生交流センターの設計」

赤澤 俊太 『はっけいアリーナ学生寮』
荒木 千菜 『にじみだす学生寮』
上松 亜星 『1人の部屋からみんなの庭へ』 *発表なし

26  27

28  29

発表後は、教員・非常勤講師の先生方からの総評と投票が行われ、以下の4名に優秀賞の授与がされました。
また、本学のOB会である燦建会からの賞についても2組が選出されました。この2組は10月に開催される燦建展において展示される予定になっています。

30

●金賞(1作品)

永山千夏 『風浪』

銀賞(1作品)

小山 大輝 『愛着』

銅賞(2作品)

野口 航 『変わって豊か』
赤澤 俊太 『はっけいアリーナ学生寮』

 

31  32

●燦建会優秀賞(2作品)

小山 大輝 『愛着』

Group A (代表:北村 望、内藤伊乃里) 『レシプロカルドーム:octet』

 

33  32

●特別賞

小形今井 菜月 『日の出町の踊り場』
久山
馬場 夏月『かさなる生活たち』
田畠
小山 大輝 『愛着』
本田長橋 佳穂 『新しいポテンシャル』
(以上,非常勤講師)

柳澤賞
:星野 梨音 『渦状の家』、松崎 優佑 『路地を喰う住居』
粕谷賞:高橋 伶佳 『木を包む美術館』
村山賞:永山 千夏 『風浪』
内藤賞:藤 亮太  『吹き抜けを囲む』

短い限られた時間の中で、課題を共有していない方々に対して作品を的確に表現することは非常に難しいことですが、必死に伝えようとする発表者と、普段見ることのない他学年の作品を興味深く見る学生たちの様子はとても印象的で、先生方の意見や講評も白熱した会となりました。次回は、より開かれた議論の場となるよう、教員が学生作品を講評するという一方向の議論だけでなく、各スタジオの担当教員同士、あるいは学生同士が意見をぶつけ合う場としてさらに盛り上がっていければと思います。発表することのできなかった学生も含め、より多くの学生に積極的に参加して欲しいと思います。

33

 

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募