関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

新着情報

新着情報

韓国 東義(どんい)大学工学部との学部間の国際交流協定の締結について                            建築・環境学部                              大塚 雅之

  • Posted by kgu8.
  • 2019/04/03.

東義大学(Dong-Eui University)は、韓国第2の大都市である釜山(ぷさん)広域市(人口約380万人)に位置しており、1979年に学校法人東義学院により6つの学科で設立されました。

現在は、総合大学として、7つの大学院と韓医科大学を含む10つの単科大学(本学の学部に該当する)で、25の学科、付属機関19個、付設研究所66個、付属病院2個を保有し、約16,000人の学生が在籍しております。

東義大学は、2017年2月に開催したKGU国際交流シンポジウムに講演者として参加した東義大学建築学科の柳浩燮(リューホソプ)教授が本学に来校したことがきっかけとなり、2017年の夏には東義大学で開催された「釜山国際建築デザインワークショップ」に本学の学生参加することになりました。同時期に柳澤閏准教授が招聘講演者として招かれ、講演会も行なわれました。以上の経緯があり、2018年3月には本学の建築展に東義大学建築学科の学生3名が作品展示に参加するとともに学科間の「交流に向けての覚書」を交わしました。その中で、教員間及び学生間の国際交流をさらに円滑に行なうため、東義大学工学部と学部間のMOUを締結することに至りました。今回は、専攻主任の古賀紀江教授、国際交流委員の李祥準准教授も同行し、交流を深めました。

調印は、東義大学建築学科のセミナー室で行なわれ、先方からは東義大学工学部長のコンギチョル教授と両学部間でのMOU文書に調印しました。その後、建築学科の学生が集合しているホールに移動し、東義大学工学部長と調印したMOU文書を交換しながら締結を宣言し、記念品の交換、写真撮影を行いました。

続いて、国際交流シンポジウムが行なわれ建築学科の学生と工学部教員を対象とし、両学部の特別講義とディスカッションが行なわれました。

講義は、「建築再生に貢献する建築・環境教育」をテーマに建築・環境棟の建築・環境設備のデザインや建築関連技術の教育への実践等について説明しました。東義大学側では、シンビョンユン建築学科長より「釜山のジェントリフィケーションの管理戦略」をテーマに建築及び都市の再生によって発生する逆機能問題とその対応について説明しました。特別講義とディスカッションによって日韓の建築と都市問題は、環境と時間が重要になってきていることを改めて認識しました。

講義の後は、建築学科主催の昼食会に招かれ、両学部間で国際交流を活性化させるための話合いも行なわれました。昼食会の後は、建築学科教員(ソクミンチョル助教授、ウンホソン助教授)の案内で、釜山で活発に都市再生が行なわれている地域を見学しました。

キャンパス NM_IMG_8034

東義大学キャンパスマップ                       工学部教員との交流

NM_IMG_8011 NM_IMG_8021

コンギチョル工学部長とのMOU文書への調印

NM_IMG_8051 NM_IMG_8042

工学部教員との記念品交換         大塚教授の著書贈呈

NM_IMG_6494 NM_IMG_6499 NM_IMG_6503 NM_IMG_6514

学部間のMOU締結宣言及び記念品の贈呈

NM_IMG_6554場

国際交流シンポジウム(大塚教授とシンビョンユン教授の特別講義)

NM_IMG_6624 NM_IMG_6633

国際交流シンポジウム(特別講義後のディスカッション)

NM_IMG_6645 NM_IMG_6647

国際交流シンポジウム開催後の記念撮影

NM_IMG_8108 NM_IMG_8106

建築学科施設の見学(学生スタジオ)     建築学科施設の見学(学生ゼミの様子)

NM_IMG_8111 NM_IMG_8100

建築学科施設の見学(学科図書館)        建築学科施設の見学(学生作品)

NM_IMG_8131 NM_IMG_8130

都市再生地域の見学(甘川文化村)

NM_IMG_8176 NM_IMG_8175

都市再生地域の見学(釜山 映画の殿堂)

NM_IMG_8160 NM_IMG_8151

郊外地域活性化拠点の見学(WAVEONカフェ)

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募