関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

新着情報

新着情報

2018年度秋学期バーティカルレビュー開催

  • Posted by kgu8.
  • 2019/03/28.

2019年3月17日(日),横浜赤レンガ倉庫1号館2階において開催された第17回建築展会場にて,2018年度秋学期バーティカルレビューが開催されました.

このイベントは,教員と学生が共に関東学院大学の建築・環境教育の全体像を見つめ直すと同時に,上級生や下級生の作品を発表し合うことで創造的な刺激を受け合う場として位置づけられています.1年生から4年生の設計製図及びスタジオ及び大学院のスタジオまで,全学年を通した作品発表が行われました.建築展を訪れた一般の方も自由に参加できる形式で開催されました.

【1年次】

10:20-10:45
●建築設計製図Ⅱ [担当] 李祥準,関和明,古賀紀江,日置和宜,大沼徹

課題 「空間とかたち」
各辺9mの立方体の範囲内で各辺3mの立方体を12個組み合わせて「空間」を構成する.そして,「空間」を構成するさまざまな「かたち」を模型や図面を作成しながら理解し表現することを目標とする課題.

香川 唯   『マルイシカク』
菊池 真緒佳 『宙に浮く空間』
澤田 結衣  『空間の中の直方体』
永山 千夏  『人間の巣』

190317_01  190317_02

【2年次】

10:45-11:10
●建築設計製図Ⅳ [担当] 黒田泰介,柳澤潤,遠藤智行,山口温,神戸渡,久恒利之,佐藤文,古川達也,廣田裕一,杉千春

第一課題 「KGUサテライトキャンパス」
横浜市開港記念会館の向かいにある居留地建築のレンガアーチが保存されている敷地に,関東学院大学のサテライトキャンパスをRC造ラーメン構造にて計画する課題.

小山 大輝  『浸透していくキャンパス』
野口 航   『変わり者』

190317_03  190317_04

第二課題 「野島公園の図書館」
野島公園内の旧伊藤博文金沢別邸に隣接する敷地に,周辺の景観との関係性を考慮し,公共図書館と地域コミュニティのための交流スペースを計画する課題.

齋藤 航平  『浮遊』
村上 初音  『扇木図書館』

190317_05  190317_06

190317_07

【3年次】

11:10-11:35
●パッシブデザインスタジオ
 [担当] 山口温,小原直人,石崎竜一,飯田直

課題 「海に面した公園内にあるコミュニティ施設」
金沢八景駅近くの平潟湾に面した公園内に,地域に開かれたコミュニティ施設を計画する課題.

山本 陽也  『人と自然を取り込むコミュニティ施設』
茶木 晶絵  『コミュの棟』

190317_08

190317_09  190317_10

11:35-12:00
都市再生デザインスタジオ [担当] 中津秀之,櫻木直美
課題 「『コンパクトシティ福浦ー環境都市を設計せよ!ー』」

特定の地域における都市空間の特性を調査分析し,その街の可能性を最大限に活かした都市のデザインに挑戦する.建築やランドスケープといった職能上の区別なく、建築の内部空間からランドスケープのデザインまで連続的に提案する能力を養い,また交通や社会福祉といった地域的な社会問題から、地球温暖化やエネルギー、食糧といった地球規模の問題に関する知見も求められる

安本 直樹  『flow』
山口 恭祐  『Hu-Sen』

190317_11  190317_12

190317_13

12:00-12:25
●地域施設デザインスタジオ [担当] 柳澤潤,⾼野洋平,篠崎弘之

課題 「追浜エリア まちづくり・公共的な施設の設計」
追浜駅前の商店街において,場所や敷地の特性を歴史,交通,人の移動,周辺の街並み,用途などについてリサーチし,敷地を各々選定し,敷地に必要と考えられる公共的な施設(300㎡-3000㎡程度)を提案する.

加瀬 航太郎 『Street and Step』
南場 惠詞  『山と崖の博物館』
平尾 優衣  『混じり合う空間』

190317_14

190317_15  190317_16

12:25-12:50
住宅インテリアデザインスタジオ [担当] 粕谷淳司,小形徹,三浦秀彦
課題 『インテリア/エクステリア
空間を構成する素材(material)と,素材を空間として実体化させるためのイメージ(image)を探求し,その分析・展開によって各自が発見した方法を,主にインテリアを対象とした実空間(space)の具体的なデザインに結びつける.素材・イメージを,原寸・モデリング・ドローイング等,多様な方法によって分析し,そのプロセスを通じて,人の活動(activity)を内包する実空間を計画する.

阿部  華奈  『見上げる軌跡』
今井  菜月  『服の在処』
牧迫  俊希  『あたり前、特別なモノに。』

190317_17  190317_18

190317_19  190317_20

【大学院1年次】
13:35-14:00
●デザインスタジオⅡ [担当] 柳澤潤,⼿嶋保,鈴⽊啓
課題 「「住宅」の設計(自然と住宅))」
建築家 手嶋保の設計手法に学び,住宅設計(家具含む)の基礎から完成までの過程を理解しながら,自然と歴史と街並みとの関わり方を積極的に設計に取り込むことで「真に環境に配慮した住宅とは」を熟考する.基本設計・詳細設計(矩計図)を作成し,平面図、断面図、立面図という基本的な図面を壁の目地や屋根の幅,境界のありかたも含め美しく仕上げる.

スリースマン 洋 マイケル 『本鵠沼-家族の家』

190317_21

以上,7スタジオの発表後には教員・非常勤講師の方々からの総評と賞の投票を行いました.

190317_23  190317_22

2018年度秋学期バーティカルレビューの優秀者は以下3名に決定しました.

190317_36

【金賞】

●インテリアデザインスタジオ
阿部  華奈 『見上げる軌跡』

【銀賞】
●地域施設デザインスタジオ
平尾 優衣  『混じり合う空間』

【銅賞】
●地域施設デザインスタジオ
加瀬 航太郎 『Street and Step』

さらに今年度から始まった先生方からの特別賞が授与されました.

【非常勤講師 各賞】

190317_24  190317_25

190317_26  190317_27

190317_28  190317_37

針谷賞 今井  菜月   『服の在処』
久山賞 安本 直樹   『flow』
高野賞 南場 惠詞   『山と崖の博物館』
三浦賞 齋藤 航平   『浮遊』
櫻井賞 山口 恭祐   『Hu-Sen』
手嶋賞 スリースマン 洋 マイケル 『本鵠沼-家族の家』

【専任教員,助手 各賞】

190317_30  190317_29

190317_33  190317_31

190317_34  190317_35

神戸賞 村上 初音  『扇木図書館』
粕谷賞 小山 大輝  『浸透していくキャンパス』
山口賞 山本 陽也  『人と自然を取り込むコミュニティ施設』
茶木 晶絵  『コミュの棟』
柳澤賞 永山 千夏  『人間の巣』
村山賞 香川 唯   『マルイシカク』
内藤賞 菊池 真緒佳 『宙に浮く空間』
澤田 結衣  『空間の中の直方体』
(以上,アイウエオ順)

発表者の皆さんは次回も発表できるよう,発表できなかった皆さんは次回こそ発表できるよう新年度からも頑張ってください.また,今回の経験を活かして各スタジオを盛り上げていってほしいと思います.

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募