関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

新着情報

新着情報

柳澤潤准教授の『日野こもれび納骨堂』が第62回神奈川建築コンクールで入賞しました。

  • Posted by kgu8.
  • 2018/11/30.

第62回神奈川建築コンクールにおいて、柳澤潤准教授が代表を務められている設計事務所、株式会社コンテンポラリーズが設計した『日野こもれび納骨堂』が、一般建築物部門 優秀賞を受賞しました。

IMG_2665

IMG_2748IMG_2747

神奈川建築コンクールは、県と12市(建築確認・開発許可を行っている行政庁)により、神奈川県の建築文化・建築技術の向上を図り、魅力あるまちづくりを推進することを目的として開催されています。過去2年間に県内で完成した建築物が受賞対象となり、優れた建築物の建築主、設計者、施工者が表彰されます。

 

01

02

写真:川澄・小林研二写真事務所

 

『日野こもれび納骨堂』は公共の納骨堂であり、自治体では全国でも初めての「自動搬送式」納骨堂になります。

 

076

総評で審査委員 大原 一興氏は、「『日野こもれび納骨堂』は、納骨墓地としての新しい試みで、急増する墓地ニーズへの対応を図る機械式のプログラムを含んだユニークな建築物。その新しい設備技術と社会課題への的確な解決を建築物として実現しており、周辺住宅地の町並みに徹底的にそろえるという形態的な配慮、高さを抑えるための屋根の工夫などが墓地の施設の新しいデザインのあり方を生み出している。 」と総評されました。

授業ブログ一覧 デザインスタジオ パンフレット 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 大学院 教職員の公募