関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

授業紹介

すまいデザインコース

建築・環境学科

住宅設計スタジオ

第1回 ガイダンス・敷地見学<住宅設計スタジオ>

  • Category: 住宅設計スタジオ
  • Posted by kgu7.
  • 2018/04/20

2018年4月10日、すまいデザインコースのスタジオ「住宅設計スタジオ」が始まりました。今年も昨年からひき続き、准教授の粕谷淳司先生、非常勤講師の奥野公章先生、助手の村山徹先生の3名の先生方が指導してくださいます。

1-500

海岸部敷地図

Basic RGB

都市部敷地図

 

今年の第一課題は「2人が住む2つの家」です。
この課題では海岸部と都市部の2つの敷地に、20代のカップルが住むことを想定して、それぞれ家を設計します。彼らはこの2つの場所でどう生きるのか?「住む」とは、そして「働く」とはどういうことか?を建築を通して考えます。
 
授業ではまず課題の説明があり、そして村山先生が設計の手順やリサーチのレクチャーをしてくださいました。

0304

その後、海岸部の敷地である葉山に移動します。
海岸部の対象敷地には現在、妹島和世さんが設計された「葉山の小屋」が建っていてオーナー様の計らいで建物内も見学させていただくことができました。

0506

0708

0910

1112

1314

オーナー様からは住んでいるからこそわかる感想や、初期案では外観はレンガで作る計画であった等の妹島さんとのエピソードといった貴重なお話を聞かせていただきました。

その後、学生たちは周辺を歩き回り周辺調査を行いました。
 
次回は、教員紹介と第1回エスキスチェック、そして村山先生による敷地模型の作り方のレクチャーを行う予定です。

TA倉谷

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募