関東学院大学

建築・環境学部 建築・環境学科

学びの流れ

学びの流れ

学びの流れ

コースは2年次後半で選択され、3年次から始まります。しかし、そのベースには1つの共通した「学びの流れ」が大学での4年間を通して、学部の教育課程に大きく流れています。このことが、建築・環境学部の教育の最大の特徴となっています。
建築・環境学を学ぶための科目は、「個別専門学修の場」と、それらをまとめる「総合化の場」の2つに大きく分けられます。

「個別専門学修の場」は、一般教養や工学の基礎分野を学ぶ共通科目と、デザイン、構造、材料・施工、環境・設備、コモン(共通)から成り立つ専門科目の、2つの柱からできています。これら個別の科目群は全体的、包括的な建築・環境学のすべての領域をカバーし、学生一人ひとりの多様な志望や資質、能力に応じて選択できます。

「総合化の場」とは、設計という行為を通じて、個別専門学修で得られた知識や技術を総合化し、実践的に身につけるための場で、学生1人一人に対応した少人数制での学習が行われます。
これは1・2年次全員が履修する設計製図やコースに分かれる3年次以降のスタジオ等の設計実践の科目からなります。スタジオはそれぞれのコースで異なりますが、共通して建築・環境学というものを学ぶことに変わりありません。それゆえ、この総合化の場は、学部の4年間にわたって大きく流れる1つの共通した「学びの流れ」となります。

デザインスタジオ パンフレット 連続講演会「建築・環境を考える」 建築・環境棟(5号館)完成記念シンポジウム エネマネハウス2015 建築・環境棟 環境・省エネルギー活動と学修教材 建築展 教職員の公募